Tartan's TR research institutes II

豪雪地帯

Posted by Tartan on   3 comments

ほんの数日前のこと、「半なま状態の年越し用蕎麦を現地で調達せよ!」との天からの命令が下ったため、
ソバの作付面積および収穫量日本一である幌加内(ほろかない)町という町に向かった。

おそらく北海道民以外では(道民も?)誰も知らず聞いたこともない町名だと思うが、
戦後の国内最低気温となるマイナス41.2℃を記録した町でもある。
そしてWikiによると、年平均降雪量が1348cmと非常に多く、国に特別豪雪地帯の適用を受けているらしい。

嘗てここは鉄道が通っていたが過疎地ゆえに20年前から廃線になっており公共の交通機関は路線バスしかない。
ただ私の場合は車で向かうわけだが、この季節に札幌から実測で約170km離れた町まで
年越し蕎麦を購入するだけのために向かうのは幾らドライブ好きの私でも罰ゲームそのものである(笑



とても広~い北海道は県境が無い為、天気予報など7つのエリアに分けられる。
道央エリアの石狩・空知・後志地方に属する札幌は、幸いここ一週間くらいは、まとまった雪が降っておらず、
道路の雪は溶けアスファルトが顔を出してるほど穏やかだった。
しかし道北エリアの上川・留萌地方に属する幌加内町は天候も違えば降雪量も桁違いに多い。
当日の札幌は晴れてても向かう先では猛吹雪かもしれないと肝に命じる。




比較:夏の幌加内町のイメージ by Google Map ストリートビュー


国道275号線を南下したアングル。 ここが町の中心地であり、路肩に積まれた雪で隠れてるが商店が営業している。
青森や新潟など他にも豪雪地帯はたくさん存在するが、北海道ではニセコと此処ぐらいだろう。
もし冬に訪れたことが無い方にすると北海道は何処でも豪雪地帯のイメージを抱くと思うが、
太平洋沿岸は降っても殆んど積もらなかったり、内陸側も意外にそれほど多くないのが現状。
もちろん雪とは無縁の生活をしている方からすると、地元民には少なくみえても豪雪だと感じるかもしれない。

午後3時過ぎにそば購入後の信号待ちのとき(青になっても後ろから車が来ないので余裕で撮影)に写した画像だが、
いちおう国道規格でメインストリートなのに人や車が疎らであり、
車がすれ違うのもやっとなほどの国道275号線。 どこも路肩には軽く3~5メートルの雪が積まれていた。
北海道に設置されてる殆んどの信号機が横ではなく縦なのは、積もる雪を最小限にするための対策。
手掻きのスコップではあの高さまで雪を積むのは不可能に近いため、女性や年配者でも除雪機を使いこなしてた。
もしこの積雪量が毎年札幌で発生したら雪に慣れてるとはいえ交通マヒは確実に起きる。

Comment

JEYEM says... ""
夏の景色と比べるとものすごい変わりようですね、
とても2車線の道路には見えません…。

北海道で蕎麦のイメージはなかったですが、
蕎麦を買うためだけに遠出してしまう行動力もすごいです(笑。
2017.12.26 21:20 | URL | #t50BOgd. [edit]
Tcake says... ""
>幌加内町
>とても2車線の道路には見えません…。

ほんと別の場所みたいです。

今日は北海道は大荒れの天気だったようです…。
"天からの命令"に素直に従って良かったですね。^^
2017.12.26 21:32 | URL | #8ahq93Ss [edit]
Tartan says... ""
札幌も住宅街ではこのような状態になります。雪の量は画像の半分以下ですが。
でもここは地方といえ一応国道ですからね。雪山を避け蛇行しながら進まなければなりませんでした。
北海道の道路は交通量が少ない場所でも車道・歩道共に道幅が広くとってあるのは
雪を置くスペースを確保してるためですね。
土地が安くて広大なので可能なことですが、
もしこれが世田谷なら無理やり片側2車線化してると思います。


>北海道で蕎麦のイメージはなかった
私も数年前までは収穫量が日本一だと知りませんでした。
ただ、8月の末にこの界隈を通ると蕎麦畑ばかりなので
辺り一面ソバの花が咲くため見渡すかぎり真っ白な丘になってます。

去年も12月に買いに行ったのですがそのときはあちらも殆んど雪が積もってませんでした。


>今日は北海道は大荒れ
昨日の午前中は最高気温が9℃だったのですが、
午後から一変して気温が下り始め今日にかけて雪が降り続いてます(xx)
今朝と夜に二度も自宅前を除雪しました。
2017.12.26 22:54 | URL | #s60kviDM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する