Tartan's TR research institutes II

3K達成サンキュー動画 完成版

Posted by Tartan on   3 comments

前回の記事で… といっても先月のことになりますが、公約したとうり Falls of Naga の動画を収録致しました。
あの宣言からひと月以上経った今はユーチューブトップページの更新をしていないにも関わらずチャンネル登録者も3110人を超えておりたいへん驚いてます。


さて Falls of Naga ですが、初見探索時および練習段階では、とても他のレベルのようなプレーは出来ないと思いながら収録に取り掛かったのですが、同じ場面で何度も回数を重ねるうちに段々慣れてきて不可能だと思われた連続ジャンプが可能になっていきました。



このレベルをノーセーブでクリアするほどプレースキルが私には備わっていないためキリのいい場所でセーブして最後まで進めてます。 途中5回のセーブを介し6つのパートに分けて、それぞれのパートをしつこいほどやり込んだ収録です。
今回は予め一般公開する期日が決まっていたので自分が描いている理想のプレーに達しなくても自ら決めた最低限の条件をクリアしていれば良しとし、先を急ぐように次のパートへと収録を進めました。
おかげで公開日までに一週間ほど余ってしまった。

収録した6つのパートを繋ぎ客観的な視聴者目線で最初から見てみると、超難易度だったこのレベルが全然難しく見えません。 それもそのはず各テイクで一番状態の良いプレーを繋いでいるので、収録時の苦労を知らなければ普通というか簡単に思えてしまいます。
ただ、このレベル未体験の人が最初に動画で内容を知っても、後で自らプレイしたとき各場所にあるジャンプで苦労するのは間違いなしです。
というのも、このレベルの難しさの要因はジャンプの到達距離に尽きます。 ジャンプ開始と到達の位置も1タイルの右と左では微妙に高さが違ったりして、目測を誤れば距離が足りなかったり滑る斜面の餌食になって失敗を繰返す羽目になるでしょう。
おそらく作者はジャンプテストを何度も繰り返し、ギリギリの足場調整をしたと思います。
動画では常に動き続けているためその傾斜トラップを対処してるのを見抜くことは難しいかもしれません。
唯一確認できるのは通常なら掴まり動作からだいたいの位置で反転ジャンプに移行する場面も、
キッチリ端まで寄ってから慎重にジャンプするといった点です。


初見探索でお伝えしたとうり Falls of Naga は序盤でルートが3分岐してます。
別撮りの動画をリンクさせようと考えていましたが、アノテーションサービスが終了してしまったためにそれが実現できなくなりました。 そのため動画の最後にそれを付け加えてます。

Falls of Naga 解体新書 分岐点最短ルートの巻

Posted by Tartan on   1 comments




序盤の分岐で、このゲームには2つのルートが存在する。と伝えたところ、
作者様から「本当は3つの正規ルートがある」と教えて頂きました。
そのヒントを頼りに探しても私には発見できなかったことを伝えると、更に具体的なヒントを貰いやっと発見できました。


死が迫るという緊迫した状況で、とにかく玉から逃げることを優先しマグマの先にある斜面を飛び越えることが出来れば
いっきに先へ進めることができるルートになってました。


現世代のトゥームと比べると1~5までの製品版やカスタムレベルは、3Dポリゴンが荒く壁や床などに同じ柄のテクスチャを貼ると角度によっては地形を判別しにくい傾向があります。
これは凹凸で起きる微妙な光加減の影響が強いと思いますが、当時はそこまで細かく表現できなかったのでしょう。
しかしその欠点といえる荒さを逆手にとって、プレーヤーの目の錯覚を利用して難度を上げることが出来る手法といえます。
TR1など初期の作品がゲームとして今でも通用するのは、こういった部分にあるのかもしれません。

Falls of Naga 解体新書 滝滑りの巻

Posted by Tartan on   6 comments


前回Falls of Nagaの探索で、滝の上部からの降り方について「偶然降りれた」といった曖昧な紹介をしたところ、
作者様からの返答があり正規法が別に存在すると教えて頂きました。

そこでその正規法を自分なりに考えてみました。


まず最初に、私が「偶然降りれた」方法を再現してみました。



落下時に多少ダメージはありますが、いっきに目的地に降りれます。


セーブゲームファイル Falls of Naga.zip 1.76 KB
セットアップの場所と角度は動画を真似れば再現できますが、そのときのセーブファイルを添付します。
ダウンロードしたファイルをゲームフォルダに入れ、
ロードさせた状態から一歩も動かずにその場から前ジャンプ実行で斜面に到達します。
ただし、このファイルはワイドスクリーンパッチを使った後のものなので、通常のゲームファイルでは認識されません。





そしてこちらは正規ルートと思われる方法を探ってみました。
前回偶然降りれたあとで向かいのフレアを取りに行ったとき、滝の正面の壁に亀裂があって掴まれるようになってたので
不思議に思ってましたが、ちゃんと意味がある亀裂だったとは。

スクリーンショットでの紹介でも良かったのですが、
複雑なジャンプアクション操作最中にベストのタイミングでキャプチャに指定したF11キー(私の場合)を押す余裕は私に無く
動画での紹介です。
TR3エンジンベースのゲームはFrapsのみビデオキャプチャできるので、そのお試し版を用いてます。
しかしこのお試し版で記録できる時間は僅か30秒なので、
時間内に目的地まで到達できるよう別の意味でタイムランになってます。(笑



水の斜面を後ろ向きで滑り降り、水面に達するギリギリで反転ジャンプ。
そのまま亀裂に掴まり右へ移動。 壁に密着したところで再度反転ジャンプ&左方向修正で右斜面に掴まり。
再度反転ジャンプ&左方向修正で立てる足場に着地。
滝を飛び越えるためにカーブジャンプをして目的地に到達。

滝へ来るまでのあいだに遭遇した過酷なルートを見ると、この方法こそが作者が想定したルートだと私は考えます。
果たして真相は如何なものなのか…

Falls of Naga 探索開始

Posted by Tartan on   13 comments

Escape from Serpent Cityシリーズ三部作の完結編となるFalls of Naga




Falls_of_Naga_001.png






二作目のSerpent Cityはオフィシャルウォークスルーでシークレットの記載が足りず未完成と思ってたため選択しましたが、
真相を作者のべっく氏に教えてもらったところ、それを分かってても作成当時は技術的な面で改善できなかったとの事。
したがってオフィシャルウォークスルーは、アイテムの記述が一部足りないものの全体的には問題ありませんでした。
それよりこのFalls of Nagaを他人がプレイするところが見たいとべっく氏の要望もあり、収録を見据えて探索を開始します。




Falls of Naga - Author by Beck
banner_microbar.jpg

TRLE - Serpent City 初見探索開始 パート2

Posted by Tartan on   8 comments


前回の続きです。









Serpent City - Author by Beck
banner_microbar.jpg