Tartan's TR research institutes II

ちょっと困った!

Posted by Tartan on   4 comments

TRLEに関する専門用語を調べようとしてて、素人でもたいへん分かりやすい解説をされている某日本人ビルダーのホームページを訪れると画像のメッセージが出現し、ルーターのセキュリティ機能によって強制的に訪問をブロックされます。


Warning.png


PCにインストールしたノートンセキュリティのように除外リストに登録できれば解決するのですけど、ルーターに付属してるトレンドマイクロにはそのような項目がありません。 ただ一時的にセキュリティ機能をオフにしてしまえば訪問は可能ですが、訪問の度にいちいち切り替えるのが面倒だったりします。 けっして悪質なページではないと思いますので管理人すら知らない処で何らかのスパムタグが埋め込まれてるのかもしれません。

重い…

Posted by Tartan on   0 comments


8月に入ってから何らかの原因でネット回線速度が異常に遅くなった。
私は普段ネットを閲覧するときは主にFIREFOXを使っているが、ブラウザに表示されるページの画像がどれも重く、タイムアウトだったり30秒~1分以上掛かってしまう。


現在自宅内で常用してるPCは3台。 どれもがOSはウインドウズ 7 マシンであり、32ビット版と64ビット版がインストールしてある。 単体PC内のローカルドライブ同士を跨いだコピーや別PCとの有線LAN環境でファイルの移動スピードは問題ないため、スイッチングハブやLANケーブル等の物理的な伝達経路は正常で、他に考えられる原因のウインドウズアップデート又はセキュリティソフトの更新ファイルによるものでもなさそうだ。
となると、自宅外つまりWAN環境に影響するものなので、ルーターのファームウエアを最新にしてしまったのが原因だと疑ってみたものの、旧バージョンへ戻しても解決しなかった。

今年の春にフレッツ光をギガへとアップグレードしたのだが、体感できるほど劇的に早くなったとはいえずプラシーボ効果的なものでしかなかった。
そんなわけで回線速度に関し期待することもなくなってたのだが、8月に入り明らかに遅くなったためアプリを使い計測したところ、PINGが38ms・ダウンロードで1~2MB・アップロードでも20MBしか出てなかった。

これは明らかに異常な値。 そこで更にファームウエアのバージョンを古くして更新したところなにを間違えたのかブラウザでコントロール出来なくなったしまった。
Wi-Fi経由でipadからはルーターの設定画面に入れるのですが、NASの制御やルーターの設定に関しては
私はPCからのほうが一括で設定できるため楽なので、思い切って初期化することにしました。
初期化後、今までどうりPCのブラウザからルーターにアクセスし各項目を再設定したところ、嘘のようにページの表示が早くなりました。 結局遅くなった原因は分からず仕舞いだったこともあり、一ヶ月間アプリで不定期に計測した結果がコレ。

Speedtest.png

テスト7回
PING平均 20.42ミリ秒
ダウンロード平均 345.49Mbps
アップロード平均 576.40Mbps

同じ条件でも北海道ではなく東京で計測すると800~900Mbps叩き出すのかもしれない。。。

Speedtest® for Windows


邁進

Posted by Tartan on   6 comments

予想外の大地震ですっかり忘れてましたが、ユーチューブのアナリティクスでRun Lara Run動画が私の投稿した動画での再生回数が遂にトップになりました。





Top_10_Videos.png


現在でも月平均の再生回数が3000回を超えてるため、このまま記録を伸ばし続ける事だと思います。

午前3時の天災Call

Posted by Tartan on   7 comments

9月5日 午前3時頃に付近を通過した台風21号。 大阪を襲った頃に比べれば勢力は衰えたとはいえニセコで風速42メートルを記録し、札幌では33メートルだったらしい。
その数時間前にTokyo 9 - The Grand Lodgeの初見探索を終え、撮り溜めたスクショを編集しブログにアップした。


ゲームプレイと画像編集で目が疲れ、ベットインしたのは日付けが変わった午前1時頃だったのだが、
雨が降り始め風も段々と強くなってきていた。
台風情報では予想進路は北海道に直接上陸する事も無く、日本海をそのまま北上し温帯低気圧になる見込みのよう。
そして札幌に最接近するのが午前3時頃という予想だった。
布団に入り眠りにつこうとしても窓や屋根に叩きつける雨音や風が凄く中々寝付けない。
目を瞑っていても一時間以上脳だけが起きていた。 
が、流石に2時半を過ぎた頃には雨風の音にも慣れ、ピークのあたりで眠りに着いたようだ。

朝起きると台風は過ぎ去っていて雨は止んでいたがやはり普段よりは風が強かった。
幸い自宅前には強風で飛んできた飛来物もなく、台風による被害はとくになにも無い。 普段の雨上がりと変わらない光景だった。 外出すると街路樹は至る処で根こそぎ引き抜かれ、倒木してる箇所が幾つもあったので、やはり勢力が弱まっても21号は凄かったのだとそのとき初めて実感した。





夜に帰宅し、初見探索では探しきれなかったアイテムを見つけようと3周目までThe Grand Lodgeのプレイをし、新たに見つけたアイテム等を追加でブログにアップした。
この日は台風が過ぎ去って安心したのか、寝不足だったもののまた無茶をして結局床についたのは午前2時半。
レベル探索で目を酷使したせいでこの日も直ぐに寝付けなかったのだが、その30分後に悪夢は襲ってきた。
私はスマホを持たずガラケー派なのでアラート機能などは備わってないのかもしれない。 もしあったとしても設定してなかった。 そのため事前に警報も鳴らず直接体験で知ったわけである。
長年札幌に住んでいてもそれまで経験したことの無いような壁の軋み音と揺れを感じ、これは只事ではないと直ぐにベットから飛び起き、しゃがみながら1Fへと避難した。
たぶん発生から1分ほど続いただろうか、縦&横ミックスの揺れは収まり状況を確認しようとしても電気が点かない。
まだ夜明け前で真っ暗なため手探りでブレーカーを確認したが落ちていなかったので、その時は地域の何処かで断線したのだと思っていた。
非常時用の懐中電灯を出してきて周りを確認しても明るさが足りず照らす範囲も狭い。 しかしこの懐中電灯にはラジオが備わっていて、モロにアナログで昭和チックな代物だったが情報を知るにはじゅうぶんだった。 
携帯派なのでスマホから情報を得ることが出来ないが、ipadは持っている。 がしかし回線が混雑してて一向に繋がらない。 やはり頼みの綱は貧弱な音を発するラジオのみ。

外へ出て車のダッシュボードから下回りの作業用に使っていたLED灯を持ってきて家中の内装がひび割れなど損傷がないかチェックすると何処にも問題なく、また戸棚自体や物が落下した形跡も皆無だった。 もともとタンスや棚など設置する際は固定してなかったが多少壁側へ傾けていたのが幸いしたのかもしれない。
しかしこの日は運悪く水曜日、毎週木曜午前2時からはNASのウイルス完全スキャンを実施するようスケジュールを組んでいたのだ。 6TBx4台のHDDがフルアクセスしてる最中に突然電源が落ちたものだから何処かが破損したのかもしれないと頭を過ぎった。
【後日停電が解消されてすぐ損傷箇所を検出するため不良セクターのスキャンを実行し終了するまで約16時間掛かったが幸い不良セクターは検出されなかった。】


ラジオからの情報だと震源地は札幌から直線距離で60km離れた厚真町ということで、震度6強だったらしい
(その後震度7に修正)。
私が居た札幌市は場所によって震度4から6弱と様々で、自分が住んでいる地区は恐らく5弱だったと思われる。
自宅の水道は問題なく使えて水が濁ることもない。 断水は主に清田区・厚別区の一部で発生とのことなので、札幌市の南東端にあたるエリアで起こったようだ。
そのほかに清田区では里塚(さとづか)という地区が液状化で地盤沈下し、道路や家屋が傾くなど被害がでている模様。

停電に関し札幌では現在被災した地区を除き殆んどが解消されたようで信号機も機能し渋滞が緩和されている。
地震発生当日の停電の際、7年前の3.11で実施された計画停電時でも見られなかった異様な光景が広がった。
地方都市とはいえ、これまで札幌市から完全に明かりが消えたことは私が知っている限りでは1度も無かった。
主要道路では車が照らすヘッドライトと歩行者が持っているスマホの明かりだけ。
街灯や信号機が点ってないとこれほど暗いのかと実感させられた。
その代わり札幌市内に居ても肉眼で天の川が見れたほどだ。 これはある意味貴重な体験だったかもしれない。

6日夜から7日夜までは家に居ても明かりが無いためトイレに行くにもいちいち懐中電灯を持参しなければならない。
居間に居るときは割りと明るいLED灯を持っていたので、天井に反射させ部屋全体を照らすようにしてたので不自由を感じなかった。
テレビに関して、私は地デジ放送が始まってからアナログTV自体を破棄し、元々自宅ではTVを見る習慣がない生活を送っている。
そのため帰宅するといつもチューナーの電源を入れ就寝までFM放送を流している。 
なので普段と変わりなく停電だからといって物足りなさは一切無かった。


現在は停電が解消されたことでストップしていた全ての都市機能が、地震前の状態に戻りつつある。
物流も動きはじめ食料の供給ができればあと数日中にはコンビ二やスーパーに並ぶ人も無くなるだろう。


日が経つにつれ被害状況が徐々に分かってくると実際に家族や家屋を失ったり避難所生活を強いられる状況に追い込まれることがないので被災した方々に比べれば全然幸せな境遇だ。


結果として2日連続で災害に見舞われたわけだが、もし地震発生が24時間早かったら恐怖は倍増してたと思う。(笑









TRLE Tomb Raider Tokyo 9 - The Grand Lodge 初見探索

Posted by Tartan on   7 comments


LEVEL 1 - The Grand Lodge






一般公開というより自分用の資料のため、アイテムの取得順変更および追加する場合があります。

4K

Posted by Tartan on   8 comments

4K… 4Kといってもテレビのはなしではない。
もっとも現在家電売り場で販売されている4Kテレビを購入しても即CSで予定されてる4K・8K放送の恩恵が受けられるわけもなく、視聴するには4K対応のアンテナ&チューナーを別途設置しなければならない。

と、関係ない話は置いといて、今年の1月9日に私のチャンネルに登録してくださった方々が3千人を突破したわけですが、
それから僅か8ヶ月弱の8月24日で暫定4千人に達しました。
※8月25日 4005人超えのため確定


4K.png


年をとると日の進む感じかたが早いもので、私の脳内ではついこの前に3千人突破でFalls of Nagaを収録したばかりで、
そのあとにSLASH氏のStill Running Lara Croftを公開しただけでした。
恒例のサンキュー動画ですが、4千人突破は9月中旬頃に達成と予想してたため今はなんの準備もしてません。
動画収録の候補としてMIrai氏のTokyo 9を予定してますが動画公開はボツにするか大幅に遅れると思います。


というのも、今年の初夏に車で走行中に野生エゾ鹿との接触事故に遭遇しまして身体は無傷でしたが車が損傷しました。
工場へ鈑金修理に出しても今年は蝦夷鹿との衝突事故が多いらしく、修理依頼が殺到し作業に取り掛かるにも順番待ちで時間が掛かるそうです。
そのため所有してるなかの一台が使えないので、走行距離が進んだ車を主に生活用で使っていたのをドライブなどにも駆り出すことになり更に酷使するため、寿命が迫ったパーツを度々交換するなど動画より優先してメンテナンスに時間を割く必要があるためです。


つい先日のことですが、所用で札幌から稚内へ車で日帰りしたとき帰路は途中まで日本海沿岸ルートを執ったため知りませんでしたが、帰宅してなにげにニュースを見ると高速道路上でヒグマと衝突した事故があったようです。
場所は札幌-旭川の中間くらいにある美唄市というところで、事故発生時刻に私は隣の月形町の国道を通過してました。
もし帰りも高速を利用してたら私が遭遇してたかもしれないし、もしくは事故処理の渋滞に嵌まってた可能性も。
これまで30年以上運転してますが北海道の高速道路でヒグマが出没した事例は聞いたことがありません。
今年は猛暑が続いたり西日本では大規模な災害が起きてますが、比較的穏やかな北海道でも山に実るはずの餌が少ないのか野生動物が餌を求め頻繁に人里へ出てきてるようです。

TRLE 完全攻略 Still Running Lara Croft - Dangerous Antarctic Circle the 2nd

Posted by Tartan on   3 comments





最終レベルのDangerous Antarctic Circle the 2nd。
終盤にて真っ暗な部屋でのモンキースイング移動は
足場先端から前進15→右移動24→前進13→左移動15で、入口ど真ん中へ落下します。

また、最後に出現する4体のモンスターを倒すのに闇雲に動いて攻撃するより
一定の場所からのほうがモンスターが散らばることなく動きをパターン化させることができます。



これで全ての収録が済みましたので、動画をサブからメインチャンネルに移行させ一般公開に切り替えます。
動画を見てプレイしてみたいと思った方は、trle.net等でダウンロードした場合は本来のプレイが出来ない為、
旧.TR2データファイルに置き換える必要があります。
しかし現在このレベル作者のホームページからは.TR2データファイルをダウンロードする事が出来ず、
私はオリジナルのファイルを今でも保存してる方から提供してもらいました。

ファイルの転載はどうかと思いましたが、正規のプレイをするためには必要と判断したため公開することにします。
ダウンロードのリンク先はDoor to Nightmare動画ページに記載してます。