Tartan's TR research institutes II

TRLE 完全攻略 Aspidetr Easter Time 2011 - Peaceful Valley

Posted by Tartan on   5 comments





Peaceful Valley Map (English Version)


以前に交流のある日本人ビルダーの方との会話のなかで、
「何でこのレベルの一般評価が高いのか自分には理解できない」
といったものがあったのですが、私にとってこのPeaceful Valleyはまさしくソレです。
プレイしてみて感じましたが、とてもアベレージレートで8.89を叩き出してる内容とは思えません。


Aspidetr Easter Time 2011 - Peaceful Valley Author by Raidermatty
banner_microbar.jpg

Comment

JEYEM says... ""
前回から結構間が空いてますが、動画を観て納得しました。

雰囲気はPeacefulですが、広大な箱庭マップで探索が大変そうなのと
ちょこちょこと出てくる気づけそうもない仕掛けで
動画収録以前に攻略自体が難儀そうですね…。

いろんなキャラクターが出てきて、ちゃんとしたストーリーがあるんでしょうけど
音声だけでは残念ながら分かりませんでした。
ララの声がちょっと…(笑。

レビューのGameplay & Puzzlesで低い点数を点ける人がそれほどいないのは
キャラクターやストーリーで和まされてるのかも?


お疲れさまでした^^
2017.05.27 21:56 | URL | #t50BOgd. [edit]
Tcake says... ""
見た目が綺麗でそそられるのとTRの大好きなテーマ曲で始まるので
面白そうなレベルだと期待していましたが…
てんとう虫の設置場所などいいなと思う所もありましたが…
レビューで、あのJoseさんが Gameplay &Puzzles に7点を付けていてびっくりしましたが、
確かにWalkthroughを片手になら楽しいかもしれません。

pushblockの長距離移動はしんどいですね。このレベルを見て特に思いましたが、
Moveable objectの色違いを使えるようになったらなと思います。
納屋に合うブロックが綺麗なお屋敷の中にマッチするわけがありません。^^;

会話はせめて英語にして欲しかったです。ララの声が小さくて聞き取れませんが
大きくても英語でないと分かりません。欧州の方は数か国語が出来て当たり前なんですね。
(注:Infoページのストーリーを読むとなんとなく分かりましたが)
ストーリーは分かりませんでしたが、黄色の巨大ドラゴンはインパクトがありました。

美しいレベルなので、もう少し遊びやすくしてくれると嬉しいですが皆さん高評価なので…
これはWalkthroughを見ながら楽しむレベルなんだと思います。^^
2017.05.28 12:43 | URL | #8ahq93Ss [edit]
Tartan says... ""
お二方とも動画を御覧になって気付いたと思いますが、その印象どうりのレベルです。(笑
このような箱庭レベルではキーアイテムを近場に設置すると自由度が低くなり一本道化してしまうので
あえて極力離してるのだと思いますが、それが端から端へ何度も繰返されると段々嫌気がさしてきます。
せめてララの家に裏口があればまた違った印象になったと思います。

今回収録するにあたって3回のセーブで4分割にしたのですが、
パート3相当の地下/下水道エリアがとくに酷かったと感じてます。
pushblockの移動は良いとしても押す方向を変えるのにララを移動しなければならないですが、
天井が低いため照明と配管のオブジェクトがララの動きを妨げるので何時ものようにはいきませんでした。
あと暖炉のスペースが三角形なのも厄介でした。
立つことが出来ない状況なので、ひどいときは松明を拾うたびに壁へめり込み脱出不可能になったのが何度も。


また、各所にある樽の移動も壁との隙間に入って押す以外の方法がなかったのも私にとっては減点対象でした。
あれは押せるようになってるというよりも、実際やってみたら押せたというほうが正しいと思います。
部屋のデザイン上で制限があると思いますが、それを正規法として採用してるのはどうかと。。。
それに地上への復帰もブロック上からカーブジャンプでの掴まりが正解だというのも如何なものでしょう。
本来なら更にブロックを移動させて復帰ルートを確保するようになってれば全然不満はありません。
その工程を面倒に思ってカーブジャンプでハシゴに掴まるルートを開拓するのはプレーヤーの分野だと考えます。


>いろんなキャラクターが出てきて、ちゃんとしたストーリーが…
Aspidetrもビルダーもイタリアなので仕方ないことだと思いますが、
会話はせめて英語にしてほしかったですね。
これがもしイタリア語でなくて日本語だったらレビューも散々だったのかもしれません。(笑
そして確かにララ役だった声も小さくて聞き取り難かったですね。


Raidermatty氏のレベルは先にXmasレベルのThree Ghost Storiesを収録してるんですが、
その時は一切不満が無かったのでPeaceful Valleyからかなりの修正をしたのだと思います。
2017.05.30 01:34 | URL | #s60kviDM [edit]
Alphonse says... ""
いろんなキャラが出てきて、話をさせるだけで高評価なのではないでしょうか。
TRLEはTR4のゲームエンジンなので、
TR5やTR6のような仕掛けが一つでもあるだけで点数が高くなったりします。
今回はTR5のジップとの会話を彷彿とさせるというだけで高評価になったりします。
テクスチャもTR4のものではなくTR5やTR6のもの。
さらにはLEGEND以降のCD製のTRからテクスチャを使うと高得点になったりします。
trle.netで最高点を出しているExperiment何とかは円筒形の中をジャンプします。
これはTR6そのままなのですが、リリース当時はだれもTRLEでは実現しないだろうと思っていたのに、
それをやっているので点数が高くなったりします。
UB4はこれまたTR6の揺れる足場を再現しようと、床がトラップなったり、ならなったりします。
同じ理由で、今後出てくるTRの最新作と少しでも近い仕掛けがあれば評価が高くなるのではないでしょうか。
また、Piegaの作品は当時オブジェクトを組み替えること自体が珍しかったので、牛が登場するだけで、点数が高くなったりします。
リリース時期も考慮に入れないと今では当たり前になったような仕掛けでも
当時は高得点になっていたということもお忘れなく。
2017.06.05 20:54 | URL | #mQop/nM. [edit]
Tartan says... ""
6年前の当時はタイムリーな仕掛けやテクスチャを使ってるために高評価なんですね。
現在イースタークラスで取り上げるレベルを選考するのにリストの中から高得点の順に選んでますが、
今後は内容を期待しないようにしなければいけませんね。(笑

2017.06.08 10:07 | URL | #s60kviDM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する