Tartan's TR research institutes II

Falls of Naga 探索開始

Posted by Tartan on   13 comments

Escape from Serpent Cityシリーズ三部作の完結編となるFalls of Naga




Falls_of_Naga_001.png






二作目のSerpent Cityはオフィシャルウォークスルーでシークレットの記載が足りず未完成と思ってたため選択しましたが、
真相を作者のべっく氏に教えてもらったところ、それを分かってても作成当時は技術的な面で改善できなかったとの事。
したがってオフィシャルウォークスルーは、アイテムの記述が一部足りないものの全体的には問題ありませんでした。
それよりこのFalls of Nagaを他人がプレイするところが見たいとべっく氏の要望もあり、収録を見据えて探索を開始します。




Falls of Naga - Author by Beck
banner_microbar.jpg

劇場版トレイラー

Posted by Tartan on   2 comments




一般向けに新生トゥームレイダーのイメージを定着させ、過去の二丁拳銃を持ったララの存在が薄れてゆく。。。

TRLE - Serpent City 初見探索開始 パート2

Posted by Tartan on   8 comments


前回の続きです。









Serpent City - Author by Beck
banner_microbar.jpg

TRLE - Serpent City 初見探索開始

Posted by Tartan on   0 comments


現在、私のユーチューブチャンネルでの登録者数が2756人なのですが、
今年の場合だと統計では月に70~90人といったペースで増え続けてます。
昨年なんとか2000人に達したのは11月22日でしたので、わずか10ヶ月ほどで700人以上増えました。
もし今後もこのままのペースで増え続けていけばおそらくクリスマスか年末年始には3000人を突破しそうです。
そのときはまたサンキュー動画企画でイースターやクリスマス以外のカスタムレベルを収録することになりますが、
これまでの経緯からして次も日本人ビルダーの作品を手掛けるでしょう。

次回の三千人達成時は過去の流れを継承すると、べっく氏の Serpent Cityが妥当という結論になりました。
何故ならSerpent Cityはシークレットが6つあるようですが、ウォークスルーには「5 out of 6」と書かれていて、
つまり6つ目はまだ判明してない状態で、オフィシャルウォークスルーは未完成ということになります。
3K達成サンキュー企画で完全攻略をウリにしてる私には最適な題材ですし、
某掲示板で作者様ご本人が登場したようなので、もしかしたら不明瞭な部分を聞けるかもしれないという目論みもあります。



SERPENTCITY00.png



ただし、大きな問題がひとつ。 それは私が使っているビデオキャプチャソフトのDxtoryはTR3を認識しない点です。
Dxtoryはビデオカードのメモリを直接参照してるため画質老化が一切ない状態でRGB出力できるため重宝してたのですが。

TR3ベースエンジンで作成されたオフィシャル&カスタムレベルはシリーズ中では唯一特殊なウインドウモードになっていて、いろいろ試したところビデオキャプチャソフトはFrapsを使う以外に収録する方法がありませんでした。

すでに私のユーチューブチャンネルにはTR3とロストアーティファクトの動画がありますが、
これらはデスクトップキャプチャソフトを使ったものなのでビデオキャプチャより画質がかなり劣ります。
何度も苦労して動画を収録するわけですから、どうせなら同じプレイでも綺麗なまま残したいです。
三千人達成時期までにFrapsへ$37を支払い、機能制限を解除すればこの問題は解決すると思います。

まずはそれまでのあいだに完全攻略のための探索を進めようとかと。。。



Tomb Raider Ⅱ Remake スナップショット

Posted by Tartan on   1 comments


オフィシャルサイトの構成もゲーム自体の完成度もカスタムレベルの枠を越え、
プライベーターとして群を抜いてるため独立したカテゴリを新設しました。
現時点ではデモレベルのみの確認なので、最後のレベルが完成するのに何時になるか分かりませんが
それを楽しみに待ちたいと思います。



デモプレイですが、ボタン操作が上手く設定できないまま少しだけ先へ進みました。

UE4Game-Win64-Shipping_1.jpg


UE4Game-Win64-Shipping_2.jpg


UE4Game-Win64-Shipping_3.jpg


UE4Game-Win64-Shipping_4.jpg

スクリーンショット元画像 解像度1920x1080 画質設定:High

かなりリアルな質感です。 同じようなクオリティでも別ゲームのRise of …と違って、
ちゃんとクラシックTRの面影を引き継ぎながらリメイクしてるので、何度死んでもやる気を起こさせます。
もし全てが完成したとき無料配布でなくダウンロードでの販売制に踏み切るなら、私はきっと購入すると思います。


このゲームのためにUltraセッティングでもフレーム落ちしない高性能ビデオカードの購入を真剣に検討し始めました。(笑

11連橋梁 崩落前現状

Posted by Tartan on   4 comments


※ タウ○ュベツ川橋梁の情報に関して、
普通に書くとそのままではこのブログがワード検索にヒットしても残念な結果に終わるため、あえて伏字とします。
ここでは鮮明な画像・詳細な説明は一切ございません。




旧・国鉄士幌線としてタウ○ュベツ川に架かる橋梁は、後に発電用で造られるダムが計画・建設されるのに伴い、
水没によってルート変更を余儀なくされ、そこは用済みとなり取り壊されることも無く現在でもそのままの姿で残されてます。
そして人造ダム湖になる前はかつて森林だった一帯が伐採されダムの完成で現在は糠平湖と呼んでます。




タウ○ュベツ川橋梁はダム湖ゆえに季節や水位の変化で様々な表情を見せるため観光客に人気があります。
私も昔からその存在を知ってましたが、車を運転中に国道からチラッと見えたり
今まで特にあまり興味が沸かなかったためスルーしてました。
それにここは前々から崩落の危険があり今年は崩れると噂されていながら、一向に崩れることもなく現在に至ってます。
確かにネットにアップされた新しい画像を昔と見比べれば一部分が欠落してるのは確認できます。
しかしながら、まるで「もう崩れる崩れる詐欺」にでもあってるようでした。
ところが去年北海道を同時に襲った3つの台風の影響で欠落部分が大きくなり、その噂が現実味を帯びてきました。

私は道内に住んでるため何時でも現地へ行ける環境にあったので、単に今まで胡座をかいてたに過ぎません。
今後崩落してから肉眼で見なかったことに後悔しては遅いので、多少無理をしてでも今年中に向かう決断をした訳です。

最初に調べたのは橋梁を間近で見るためにはどうすればよいか。という事。

第一は見学ツアーを利用。
プランが立てられた見学ツアーに参加するのが手っ取り早いが、
集合時間に間に合わせたり現地で滞在する時間に制限があること。
もしマイカーが無かったり、単独で行くにはリスクが伴うので、見学ツアーを利用するのが賢いと思うが、
その場合はぬかびら源泉郷に泊まらなければならない。
参加料 大人一人3000円(税別) ただし参加者が他に居なく一人きりの場合は4000円とのこと。

第二に自家用車で直接出向く。
自分で入林許可申請して鍵を借りる方法。 これなら自由度が高く自分の都合で行動できる。
ただし、全ての行動において自己責任が付き纏う。 また、鍵を返しに戻らなければならない煩わしさがある。

あまり協調性がない私にはこちらが向いていた。

ということで、入林許可申請する方向で日時など戦略を練ることに。。。


まず国の機関である東大雪支署はお役所なので、開館する朝8:30の一発目は鍵の貸し出しでたいへん混み合うらしい。
上士幌町付近に滞在してたりすればその時間に間に合うが、札幌発だと4時間掛かるため早朝に出なければならない。

上士幌町から糠平三股林道までは車でゆっくり向かっても1時間。
そこから入林し橋梁付近でゆっくり滞在しても常にヒグマ出没の危険が伴うので長くてもせいぜい1時間。
往来途中、ぬかびら源泉郷にある飲食店や観光娯楽施設は少なく寄り道も限られてるため、
橋梁目的だけなら普通は計3時間もあれば鍵を返却しに戻ってくる。

お役所なので土日祝は休みになり、貸し出しは月~金のみで原則として当日だけ。
狙い目は先週組と早朝組みの返却が重なりそうな月曜昼頃か、もしくは金曜午後だろう。
金曜午後の場合は翌日が休みなので予定日が土日でも前日から貸してもらうことが出来、また返却日も延ばせる。
最悪現地へ行って天候が悪くても翌日再チャレンジできるメリットがある。
私は札幌から日帰り予定だったので朝8:30の一発目を諦め、返却されるだろう正午前に着くように出発した。
これなら全部の鍵が貸し出されてても返却されるタイミングに間に合うし、
昼すぎなら現地で見学ツアーの午後組が来る前なので鉢合わせることも無い。
また、たとえ空振りに終わっても何処かで時間を潰し夕方再び訪れれば借りられる可能性は大だったからだ。


運が良かったのか午後の天気が不安定の予報が出てたからなのか定かではないが、
実際行ってみると幸いこの日は貸し出しぶんに余裕があり、待つことなくあっさり一度で借りられることが出来た。
相棒と二人で向かったため、もし見学ツアーを利用してたのならば、交通費の他に最低6000円は出費することになり
参加ツアー客に配布される黄色い長靴を履いて皆と一緒に団体行動する羽目になったであろう。
そのため浮いたであろう6000円はそのままガソリン代に回すことが出来た。

Tomb Raider The Dagger of Xian Remake

Posted by Tartan on   11 comments


数日前に「Tomb Raider II Remake の攻略ビデオをアップしてほしい」 というメッセージがユーチューブ宛に届いた。
Hello Is it possible that you could play Tomb Raider II Remake ? It's my favorite episode of Lara croft and it will be amazing for me can watch how you play this. If you want please let me know if it possible on my private e-mail. I really like watch how you play :P

私はてっきりtrle.netに新作がアップされたのかと思って、レベルサーチで検索を掛けてみたがヒットせず、
ユーチューブで再度検索すると幾つかプレー動画がヒットした。
その中からリンクを辿っていくとセミ・オフィシャルと思わせるようなファンサイトに辿り着いた。


cropped-ScreenShot00022c.png

↑ ↑ ↑ バナーをクリックすると公式サイトへ飛びます。

PCデモ版をプレイするための必要条件:


Minimum specs:

Windows 7 x64

Graphic card 2GB VRAM with Dx11 comptatible

4GB RAM (8GB strongly recommended)

6GB free disk space (1.8 gb for the downloaded file and 4 gb for the uncompressed folder)

Any software able to open a .rar file (like Winrar)

Installation instructions:

Download the file
Use winrar or else to extract everything in a new folder
If you need to install some prerequisite (Framework 3.5 etc…) go to
Engine/Extras/Redist/en-us/ and execute UE4PrereqSetup_x64.exe
Launch TombRaiderDOX.exe
Enjoy!




公式サイトでダウンロードしようとしても混み合ってて一向に始まらない、
もしくは転送スピードが遅すぎて2時間以上掛かる。
といった場合は、trle.netのフォーラムで紹介されてるミラーサーバーからのほうが確実です。

Chat About A Level(Tomb Raider The Dagger of Xian Remake)
私がDLしたときは、公式のリンクが200~700kb/秒で断念、Hitsumei氏が紹介したサーバーだと6MB/秒で10分ほどでした。



TombRaiderDOX-1.0.rarは、RAR形式ファイルで提供されるので、最初の作業は解凍から始まります。
それを任意の場所に移し、Engine/Extras/Redist/en-us/ and execute UE4PrereqSetup_x64.exeを起動させ
ゲームエンジンをインストールします。 あとはTombRaiderDOX.exeを起動させればゲームが始まります。

動画はTombRaiderDOX.exeを起動させたところから実際にゲーム操作できるまでを収録しました。
1920x1080での収録なので、是非フルスクリーンでの視聴を薦めます。

グラフィックは公式のアニバーサリーと同等といったところでしょうか。
操作もアニバーサリーと同じで、私の場合はXBox360コントローラーがあれば問題なく動かせます。
そしてこの作品はアイドスやスクエニ以外が作ったにしてはかなりの出来だと思います。
大半のカスタムレベルで用いるNGLEが遠い過去のエンジンに感じるようです。
もしあなたが使っているOSが64ビット版ならば一度試してみては如何でしょう。

凸端2

Posted by Tartan on   2 comments


なんと函館へ行った3日後、今度は日本海沿岸をいっきに北上。

2年前に強行日帰りしたルートをほぼ再現。 
7月に観光したときは生憎の天気だったため画像に収めてないですが、
既に下見を終えているため現地で道を探すことなく目的地に着けるので今回も日帰り。

凸端

Posted by Tartan on   4 comments


前回は北海道の中央の南端襟裳岬にほど近いハートレイクへ暑さから逃れるために日帰り逃亡を図りましたが、

その数日後には何故か函館に近い旧・戸井町(現・函館市に編入合併済み)に居ました。



8月最終日 函館に用事があり向かったわけですが、
そのついでに前々から気になっていた道を一度は通ってみたくて。。。


※ ここはビデオゲーム トゥームレイダーを主に扱ってるブログです。
私はけっして廃道マニアの類ではないため、詳細なリポートや鮮明な画像はございません。