Tartan's TR research institutes II

スポンサーサイト

Posted by Tartan on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カスタムレベル Recavering the Scion Part 1

Posted by Tartan on   0 comments

trle.netにて現在最新リリースのレベル Recavering the Scion - Part 1 & 2 を収録してみました。
これはTR1のテクスチャやオブジェクトを用いたTR4エンジンによるカスタムレベルではなく、
TR1時代のDOSファイルで新たにレベルを起こしています。






このレベルはタイトルにあるように、Recavering the Scion - Part 1 & 2 となっていて2つのレベルで構成されており、
パート1は作者が3年前にリリースしたパート1と今回新たに追加したパート2から成り立っています。

スポンサーサイト

トリガーバグ

Posted by Tartan on   0 comments

5日の記事で、バグ発動の方法を数パターン教わって実践しても私のPC環境では発動しなかった事をお伝えしましたが、
もしかするとPS版ならプレイ環境に左右されないので成功するかもしれないと思い、PS2をTVに繋いで実践してみました。 
でもこれまでにTR4全レベルぶんのセーブデータを細かく残すほどメモリーカードも無く、さほど興味も無かったので最初から始めるわけですが、トゥーム・オブ・セメルケットまで3時間ほど掛かって到達し、今度はすぐにやり直せるようセネトの部屋でセーブデータを残しました。
そしてバグに挑んでみたのですが、やはりPC版同様に発動しませんでした。


先日のTR3の件でエミュレータを使った序でにTR4も動くかの確認を兼ね同じ場面まで進みます。
しかしエミュレータ用のセーブデータも無く、またしてもニューゲームから始めることになりました。
そして問題の場面で実践するとこちらではアッサリ発動するではないですか!



トリガーバグのセットアップはカメラ視点の位置と軌道が上手くトリガーに接触してくれれば発動するようですが、
エミュレータでは成功しても私の環境ではPC版は未だに成功していません。
フレアウォールバグ自体のやり方に問題はないようなので、
PC版でトリガーバグが発動しない原因はセットアップの位置がずれてるかグラフィックの設定が条件に合っていない。
もしくはGPUを疑ってみる価値もありそうです。



P.S. 別アカウント取得により今回から検証用動画の投稿場所を変更しました。


ガンジス川 ジャンプ

Posted by Tartan on   0 comments

数年前より交流がある方から「あなたのウォークスルービデオを見たがプレステ版でも同じ操作が出来るか?」
といった内容のメッセージが届きました。
その方はプレステ版で未回復・ノーセーブのプレイをビデオに収めていて、これまでTR1・TR2を達成しています。
そして次はTR3だとおっしゃっていて、以前にも「TR3はかなり苦労するからやめたほうがよい」と私は忠告してたんですが、
やはり始めたいらしく、既に最初と二つ目のレベルを撮り終えたとのこと。
しかし現在はガンジス川で最初のシークレットへ向かうルートでつまづいてるようです。

当人としては私のビデオを参考にここは極力立ち止まらずにジャンプしながら川を渡っていきたいとの事ですが、
助走で失敗したり天井に頭をぶつけたりとノーセーブではなかなか成功しないらしいです。
そこで、もしかするとPC版のほうが操作的に楽なのでは?と疑問が湧いたんだと思います。

確かにPC版よりプレステ版のほうが過酷なのは間違いないですけどアクション自体はどちらも変わりません。
ならばそれを証明するためにプレステ版で自分のプレイを再現してあげようではないですか。(笑
と、いっても現在はプレステ2をPCに繋げる環境ではなくなっているため、
エミュレーターのePSXeを使ってTR3 International版を動かしています。
これならオリジナルの解像度640x480から1280x960へと変更できPC版と変わりなくプレイできるので、
まったく違和感は感じられません。
ただしプレイ中はPC版のようにガンマ値を変えられないので、PCモニタ上はプレステ版同様に暗いのでフレアを多用してます。

再現場面 PC版 川渡り



PS1 International

要所要所で立ち止まり位置の確認をしてるのは解説を兼ねてるため。
今回初めて自分のプレイをスロー再生してみましたが、こんなふうにララは動いてたんだと思いました。

TR4 Tomb Of Semerkhet

Posted by Tartan on   0 comments

面倒くせぇ~(笑


ユーチューブチャンネル宛に届いたメッセージなのですが、
TR4ラストレベレーションのTomb Of Semerkhet / トゥーム・オブ・セメルケット レベルで、
アイテムの取りこぼしとも云える指摘がありました。
私の動画の場合は完全攻略なので敵・味方関係なく全て始末し、拾えるアイテムは可能な限り拾うようにしているため、
コメントで指摘されるのも仕方ありません。

TR4がリリースされてからもう15年近く経ってるため経験済みの方もここを忘れているかもしれないので軽くお浚いすると、
このレベルを簡単に言えばセネトとチェス風のゲームをして勝敗が決まると進むべきルートが違ってくるというもの。
勝てばルート上に落ちているアイテムは少なく、アッサリとレベルクリア出来てしまい、
負ければすべてのシークレットを取ることが出来てアイテムもタンマリ拾えるぶん道のりが長い様になっています。
このレベルの場合、勝敗でルートが完全に分断されてしまい両方のアイテムを全て拾うことが通常は不可能です。
動画収録では当然全部のシークレットや、より多くのアイテムを回収するのにあえて負けルートを選択してるので、
必然的に勝ちルートにあるアイテムや僅かな敵を見過ごすことになります。
ただしこれは普通にプレイすれば・・・の話ですけど、バグを使えば不可能・・・ではなくなるようです。

通常ではジャンプでも届かない場所から勝ちルートに向かうのですが、
ゲームに勝ったときはライジングブロックがせり上がり、足場を伝ってルートの奥へと進んでいきます。
この‘ジャンプでも届かない場所‘へはゲーム開始前であってもしゃがみバグを使えば到達できる訳ですが、
勝ちルートのアイテムを全て拾ってしまうとチェス駒があるゲーム会場へ戻ることが出来なくなってしまいます。

しかし指摘したのと別の方が勝ちルートを前半・後半と2つに分けることで全てのアイテム回収が可能だとフォーラムで紹介されてました。
tombraider forums: こちら
フレアウォールバグを使って一旦閉まったドアを開け、負けルートに復帰させるというもの。

で、その動画を見て実践してみましたが、どうやら私のPC環境ではドアが開きません(悲


もしこのバグが発動してたらこのレベルを再度収録しなければならないところでした。
ここのトゥームオブセメルケットレベルは、オフィシャルレベルの動画収録で唯一レベルの途中でセーブしているステージです。
回避方法が分からないバグの発生・セネトとの勝負・苦手な3連続ロープ と、流し撮りの一発収録ではなかなか最後まで到達しなかったので、収録当時は我慢できずに分割したのが屈辱でした。


もしこの記事を読んで確実な発動方法を分かる方が居れば、私はレクチャーを受けたいと思ってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。