Tartan's TR research institutes II

スポンサーサイト

Posted by Tartan on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Legend 攻略 ジャパン

Posted by Tartan on   0 comments


よくレジェンドやアンダーワールドのカメラワークは糞!といった意見を耳にしますが、
このレベルを始めて私もそう思いました。(笑
何故その方向へ飛ぶの?といった場面が何度もあり、些細なことでやり直しを余儀なくされ大変苦労しました。

また、タイトルバックでも使っているバーカウンターでの照明具合は、Next-GEN Contentを有効にすると全体的に落ち着いた暗めの質感になるようです。
日本レベルということもありカットシーンの吹き替え部分は日本語版で別撮りにして音声だけ合成しようと思ってましたが、ジップの交信が邪魔になり断念しました。

ボス戦となるタカモトとの戦闘は、ショットガンで戦うと相手にダメージを多く与える事ができ倒すのが一番早かったです。

つぎはガーナ。 以前に人のプレイを見ただけでここからは自分で全くプレイしたことが無いため、どんな仕掛けだったのか身体が憶えていないので収録には時間が掛かるかも。
しかし、所詮レジェンドなのでクラシックシリーズのような過酷さは無いでしょう。

スポンサーサイト

検証依頼

Posted by Tartan on   1 comments

ブログでの仕事だ!(爆)  いや、久々の検証依頼が入りました。

クライアントとなる方は普段ユーチューブやニコニコ動画でトゥームレイダーのプレイ動画をよく見るそうで、ニコニコ動画で最近の楽しみだったプレステ版TR3の縛りプレイをしている投稿者の方が、ハイセキュリティ・エリアを最後にひと月ほどパッタリと更新しなくなったらしく、はたして投稿者自身の都合なのか縛りプレイが難航しているのか分らないそうです。
もし理由が前者ならば投稿者本人に更新を催促するわけにもいかず、後者の場合だったなら自分で試すほどスキルが無いため、つい最近PC版でエリア51完全攻略をやり直した私へ依頼が来ました。

私の場合コメントでの指摘からエリア51での敵総数は31に訂正。更に2人の味方射殺と7つのセンサーガンを破壊して総合処理数は40なのが判明。
この40をカウントさせ、なおかつプレステ版でも未回復のまま完全クリア出来るのかが知りたいそうです。。。


ニコ動は以前オカマの方が投稿されていた頃はよく見ていたのですが、それ以降は見る機会がだんだん減っていき今はサッパリ。 現在どんな方がどんな動画をアップしているのか分らぬまま教えられた動画アドレスを頼りに久々ニコ動へアクセスすると、更新を絶っているという投稿者の方はプレステ版TR3のディスク2(インターナショナル版)で完全攻略を行なっていてレベル内ノーセーブを貫いてるようでした。

ニコ動アカウントが無くても見れるようにNICOZONサイトで紹介。
投稿者さまのハイセキュリティ・エリア前半動画

この方は動画の編集も凝っていて、本来TR3ではアイテムを拾っても何だか分らない所を分り易く独自にアイコン表示させ、ララがTR2で発していた「アハン」も追加してるなんて。。。視聴者を飽きさせない工夫もGoodでした。


ここで、プレステ版TR3の経験が無い方のために・・・
プレステ版のTR3は、スクエニ合併以前のエニックスより二枚組ディスクで販売され、ディスク1が完全日本語版になり敵の強さが約半分(PC日本語版を含む)で、マップも部屋やアイテムが発見し易いように変更され難易度が低くなった仕様です。
そしてPC版同様クリスタルで体力回復でき、セーブも自分の好きなタイミングで何度でも可能です。

しかしディスク2(インターナショナル版)は、PC&PSの海外版同様に地形と難易度が同じとなります。
そしてクリスタルの効果は取得した数だけセーブできる様に変更され、体力回復はメディパックのみです。
また、TR3のプレステ版すべてに言えることですが、明るさの調整が出来ず全体的に暗いのでPC版より見辛く難易度が高いと言えます。
他には、北米版同様に日本はNTSC方式を採用しているので29.97FPSですが、このインターナショナル版を含めた日本版はボタン入力してもしゃがみ動作後から四つん這いに移るまでに約一秒の間があり、スピードランには向かない日本版独自の仕様です。

ps_tr3_jp_disc2.jpg


では、本題の未回復クリアは可能なのか? は、続きからどうぞ!

Legend 攻略 ペルー

Posted by Tartan on   0 comments


このレベルでは同じエリアを何度も跨ぐことで際限なく出現する敵がいるので最大処理数は不明です。
また、チェックポイントを通るとチャイムが鳴りますが、切りの良いところでセーブしてリスタートするとジップとの交信が途絶えてしまうので、仕方なく一発撮りでやる羽目になりましたが、ようやく長くて厄介なレベルが終わりました。

序盤早々のカットシーン明けのエリアでは傍にサッカーボールが落ちていますが、奥の塀に転がすことで喝采を浴びることが出来ます。

第二パートのバイクエリアはトゥームらしくないシーンで、まるでクラッシュ・バンディクーを遊んでいた頃を思い出します。

次はいよいよ日本に突入です。 このブログのタイトルバックにも使っているバーカウンターでは銃撃戦後にボトルとグラスが幾つ残ることでしょうか。

またしても・・・

Posted by Tartan on   4 comments

TR2のHome Sweet Homeに続き、またしても完全攻略での指摘を受けました。
それはTR3のArea51。

内容を忘れた方のために解説すると・・・
このレベルは最初のシークレットへ向かいつつ攻略する場合、通常は警備員に気付かれシークレットの扉が閉まるスイッチを押されないようにサッサと瞬殺するため、スイッチを押された場合に出現する2匹の犬が処理出来ないので、殆んどの攻略サイトでは最大処理数が28となっています。
しかし警備員に見つからないよう死角を利用して行動をとれば、先にシークレットのカウントをさせつつ犬も出現させる事が可能でした。
そのためこのレベルでは最大処理数が30ということになり、一番詳しい攻略サイトでも同じ30となっていたため私は安心しきっていました。
しかし、他の場面でも敵の動きをコントロールすることで新たに敵が出現する場所があった事を知らされました。
それによって処理数は最高で31。

それはUFOがある部屋を回避した奥の部屋で、二階部分にある2つの時限スイッチを押して二重の扉を開き、5つ並んだスイッチがある部屋へと通ずるフロアです。
ここは侵入すると直ぐに警備員に見つかりスイッチを押されれば部屋中にレーザーを張られますが、侵入と同時に瞬殺すれば後はレーザーガンのみになります。
しかし警備員を泳がせわざとスイッチを押させることでもう一人のスナイパーが配置されます。
これにより弾の消費量が増えレーザーを回避しなければならず難易度が少し増します。
よってメディパック未使用で乗り切るにはかなり過酷になりました。




終えてみて、このレベルには3箇所の敵追加トリガーがあります。
警備員に対し執拗な攻撃や強力な武器での瞬殺だと応援を頼む前に死ぬため追加される応援部隊の存在は分りません。

完全攻略と謳っている以上、見逃しがあったなら動画を取り直さなければなりません。(笑
せっかくレジェンドの操作に慣れだしたところだったのが、また逆戻りです。
Area51は武器を4種類使い分けながら進めていたので、身体をTR3モードに切り替え何とか終了にこじ付けました。
今回は処理数の訂正が目的なので、何時もならほぼノーミスでクリアするまで録り直してましたが今回は止めました。

是非ワイドスクリーンパッチを使ったTR3をご堪能ください。

Steam版 TR1GOLD作成

Posted by Tartan on   2 comments

今から3週間ほど前にSteamでTRシリーズ全作品が、期間限定でダウンロードの格安セールが行なわれていた。
全シリーズ一括で購入すれば$17.49で、個別だとTR1からレジェンドまでが各$1.74、アニバとアンダーワールドが$2.24、
そして最新TRが$12.49となっていた。

私はTR9のプレイを一通り終え、動画収録する迄のあいだはハードディスクを圧迫することからゲーム本体とSteamを削除していたため、これらの情報には疎かった。
この事はブログお友だちであるKENさんのページで終了3日前に知り、激安なので私も購入しようとしていたわけだが、CD版は持っている事だしSteamアプリの面倒な再インストールと終了期限まで未だ余裕があることから直ぐ行動には移さなかった。
そして思い出した時には終了まであと2分と迫っていて、結局このとき購入は出来なかった。




比較的新しいウインドウズでTR1をプレイする場合、DOSBoxやGLIDSといったエミュレータを使うわけだが、DOSBoxにおいてはメモリを多く消費する。 まして同時に動画収録となると尚更メモリ領域を喰ってしまう。
そうなると32ビット版のOSより64ビット版のほうがメモリを多く積め、収録には必然的にOSもNTFSファイルが扱える2000やXPからになってしまい、DOSゲームであるTR1のインストールはある程度の知識が必要で敷居が高くなる。

既にゲームCDを持っていれば有志が作成したインストーラを使えばインストールは簡単で、私も動画用にはそのインストーラを使っている。
しかしこれからTR1を購入する人にとってはインストールの問題やゲームCDの入手が困難であり、最新OSでも動作するというSteam版を購入するのが手っ取り早い。
だが、そのままだとSteam版では過去に無料で配布された追加レベルのプレイは出来ないため諦めなければならなかった。

でもSteamのコミュニテイには追加レベルのセットアップ法を説明している人が居た!
Unfinished Business expansion
この方法だと私も使っているのと同じインストーラで一旦インストールし、中から必要なファイルだけコピーしてSteamフォルダに突っ込むとなっている。
リンクされてる必要なインストーラは366MBありダウンロードに時間が掛かる訳だが、そのファイルはこちらに同じモノがある。
tombraiders.net 内より
Unfinished Business - 3dfx version (6.5 MB .exe file)

そして後はコンフィグファイルを書き換えるだけでUBがプレイできるようだ。
私はSteam版を持っていないので試すことは出来ないが、運良く$1.74で購入してて更にUBもプレイできるならば少しの手間を掛ける価値はありそうですが。。。

Legend 攻略 ボリビア

Posted by Tartan on   0 comments

北米版にてレジェンドの攻略を始めます。

このゲームは2006年に販売されており同年にユーチューブも開始しているため、既に攻略動画も多数投稿されていますが、Next-Generation Content仕様での動画は思ったより少ないです。
そのためNext-Generation Contentを有効にした状態で暫らく攻略を進めたところ、初めは違和感がありましたが大分慣れてきました。
また、XBOX360やPS3版でもこの仕様でプレイできるようなので、このまま最後まで進めようと思います。




レジェンドではアイテムに近づくと勝手に拾うのと、最大数を所持していればそれ以上の拾得は無理なため完全攻略は面倒なので止めました。
ごく普通のプレイに徹します。(笑

ただ残念なのは収録時に動きもスムーズで60FPSをキープしていても、ユーチューブにアップするとカクつきが見られるので再エンコード時に30FPSへ落とされているかもしれないことです。

比較

Posted by Tartan on   0 comments

ブログへの埋め込みサイズ確認やワイドスクリーンパッチ適用、そして新キャプチャソフト等、いろんな意味でのテスト。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。