Tartan's TR research institutes II

意地

Posted by Tartan on   2 comments

私が行なったシークレットランが無制限ランより早い結果が出たことについて、前記録保持者から「早かった理由はバグによる新ショートカットやショットガンを使い前のレベルでその弾を集め始めていた為」と言っていた。

私の思惑は全くそのとうりで(笑)、最初からそれを計画していたのだ。 前記録は5分14秒で失敗している部分は約15秒ロスしていると本人も自覚している。 そしてその15秒早い結果を私が出した訳だが、5分14秒のビデオを見るとロスはもっとあるように見える。
では、バグやショットガンを使わずに無制限ランでどれ位のタイムが出せるのかやってみた。


記録狙いであればウォークスルー用のセーブデータを使えば最後のレベルでアイテムは豊富に残っているため回収しない分タイムを短縮できるが、これは検証の為あえてシークレットランデータで行なった。
シークレットランはショットガン以外で装備してるのはピストルとウージーだけで、TR1では使い勝手の面でウージーが最強である。
しかし装備してるウージーは二つ前のレベルで弾を使い果たしているので、このレベルで必要な弾数を確保しなくてはならない。
このレベルのスピードランルートで出くわす敵は最高で10体。 最悪の場合10体全て処理しなくてはならないので、1体につき約55発必要な為1セット100発のウージークリップは6セット拾わなくてはならない。

検証の結果は、本気モードでは無いといえ4分33秒が出てしまった。 行動パターンが一定でなくランダムに動く敵は厄介で、クリアタイムも大きく左右される。
アクションの精度を更に高め、敵の処理がスムーズに行けば30秒を切ることは可能だと思った。 しかしそれには運も必要だと付け加えておこう。(爆
hive.jpg

ちなみに参考タイムは世界記録になるが、私はこれを申請する気は無い!

認可

Posted by Tartan on   2 comments

今日トゥームランナーサイトを訪れたらタイムテーブルが更新され、以前に提出してたファイルが無事に承認されページ上に掲載されていました。

entire_run_UB.jpg


サイトへスピードランの申請をして同時にファイルを提出し、トゥームランナー側で不正が無いかチェックされ問題がなければタイムテーブルに掲載となるのですが、今月10日にビデオファイルを提出してから約二週間のあいだHDDに残してあったキャプチャした元ファイルをやっと削除しました。
何せ、プレイを録画したファイルは未圧縮の巨大なAVIファイルで、流し撮りのためプレイに失敗している無駄なパートもそのまま残してあり、たった3分程の640x480ファイルでも未圧縮では5GBに達し、幾らテラバイトクラスのHDDを搭載してても当然ファイル数が増えればHDDを圧迫していました。
もし何らかの理由で元ファイルの提出を求められれば直ぐに対応できるようにと残しておいたのでファイルを削除できるようになり助かります。
ちなみに一時間の連ドラ等はCMを除けば実質46~47分程度で、解像度がHDサイズでもMPEG-TSだと同じく5GB弱なので、ゲームキャプチャファイルが如何に巨大かがわかります。



私はシークレットカテゴリの枠にこだわり、これまでTR1、UBと行なってきましたが、今後誰かに各タイムを更新されてもEntire runの項目には自分の名前とタイムが残ったままになりTRランナーとして足跡を残せました(笑
初めてエントリーした時は不慣れな海外のサイトなので様々な障害がありましたが、実績を重ねるにつれやっと慣れてきました。 また、最後までやり遂げた事で継続して日本人の面目は保てたと思います(爆
そして私個人のポジションがこのサイトでは確立され信頼という点では今後楽になりそうです。

次のスピードランはTR3ロストアーティファクトを計画しており、既に準備に取り掛かっています。
本当は順番どうりTR2ゴールデンマスクを始めたかったのですが、GMシークレットランではボーナスレベルの扱いがハッキリしていない為、ルールの再確認をしてからになります。

既にタイムは更新されてますがTR1は、そしてGOLDシークレットラン第一弾のUBはとりあえず終了。


ご報告まで。。。

げっ!

Posted by Tartan on   0 comments


プレステ版で行っていた動画投稿をPC版にシフトして最初のゲームがTR2完全攻略でした。
TR2はもう2年以上経ってしまったので、敵の出現位置などは忘れてしまっているほど遠退いてました。

最近ではUBのシークレットランを終えたばかりでやっと一息ついたところですが、そんな私の事情を知ってか知らずか若しくは気遣ってくださったのか分りませんが、つい先日に私の動画を見てくださっている方からある指摘を受けました。

「ここのステージで拾えるアイテムは44じゃなくて45ですよ!」って、

え”っ!数え間違い? それとも見落してる? 有名処の攻略サイトを覗いてみると、アイテムピックアップ数は多いところでも44になっている。 自分の動画を観直し、数を数えても44ある。
最初はもしかして、初期装備のサイアンの剣を含めろって事だと思っていたら、リニューアルしたステラのサイトに見慣れない画像が出ていました。

ララの屋敷を正面から出て右のアスレチックエリアのほうに向うと、左手には芝生に数本の植木があるだけの真っ暗な場所に出ます。 何も無いと勝手に思い込んでいたその暗闇の奥に進むとショットガンシェルが落ちているではないですか!
これは完全に私の見落しです。 ご指摘してくださった方には感謝します。 いまの今まで全く気付きませんでした。

ってことで、久々にTR2収録を行いました。
今回はラストのシャワーシ-ンに多く収まるよう、全てレストルームで始末しています。



The Bug Scientist
トゥームランナーにとって、いやTRをプレイする者にとって切り離せないのがバグです。
そんなバグ研究を熱心にずっと行ってきた第一人者の Richard Carroll もしくは 通称名 rr_carroll 氏が先月亡くなったそうです。
トゥームランナーやTRCのフォーラムで彼の投稿を見ない日は無いくらいTRに精通した方でした。

私もこれまでにTR1での新バグやショートカットを僅かですが見つけてきました。
それらをユーチューブを通して披露し、バグスペシャリストである彼に認めてもらう事で、世界中のTRファンにも認知されることを意味する為、そしてそれがスピードランのスタンダードになればと行なってきました。

私には英語という弊害があったので彼とは上手くコミュニケーションがとれませんでしたが、バグランナーとして存在を知ってもらっただけでも良かったです。
これまで同様これからも彼には到底追いつけませんけど、今後も私はバグ検証を行なっていきます。


ご冥福をお祈りします。。。

TR1 GOLD シークレットラン 終了!

Posted by Tartan on   0 comments




このレベルはシークレットが一箇所なので、通常のスピードラン現記録も意識して同時に塗り替えようと最速ルートで挑みました。 シークレットカウントに費やすロスタイムは約15秒必要で、最初にやったスロープバグは確実に決めるようセットアップするとロスタイムの穴埋めが減るので、側転からダイレクトに成功するまでやり直すことになり、スロープバグに必要な壁との距離を確保するのに苦労しました。
しかしその苦労した甲斐あってか、シークレット無し現記録の5分14秒を大きく抜くのに貢献しています。

ここ、最後のレベル The Hive では、ぞろぞろ出てくるミュータントを始末するのにウージーを使うかショットガンを使うかで選択を迷いましたが、ウージーの場合では留めを射す前に逃げられたり攻撃を喰らう可能性があり、それが8体ともなれば途中メディパックで余計な回復をせねばならず、結果的に処理が早いショットガンを選びました。
そのため前レベルからショットガンシェルの回収に励むことになりましたが、このレベルで倒すことになるミュータントは全部で10体。 1体倒すのに最低限必要な弾数は3発なので30発確保することになり、ルート上に落ちているショットガンシェルは(9x2)の18発。 不足ぶんは12発なのでペアになった6個のショットガンシェルを前レベルで補うわけですが、敵の来ない安全な場所では回収しにくい水中だけになり、強引に回収するとロスタイムが増えるため回収は5個にしました。
そのため足りない1体ぶんは最初に出くわすミュータント1体に割り当て、場所がら部屋が広く敵までの距離が離れていることからウージーを使うようにしました。
複数のミュータントが待ち受ける部屋に向い、回収できる全28発の弾数で余裕は1発だけ。
近距離戦に向いているショットガンでは部屋中央の安地から逃げられないよう確実に仕留める必要があり、結果ミスショットは1発で済みました。
ここは運が良ければ最後の1体は起動する前に逃げ切れるのですが、収録では全てのミュータントが攻撃準備していました。





去年の7月末に最初のレベルを始めて、一年掛けてやっと終える事ができました。
TR1UB連続レベルバグ技有りシークレットスピードランの総合タイムは、27分43秒です。
他レベルのビデオは、 ココ
さて、ユーチューブに投稿した後にトゥームランナーサイトへビデオを提出し登録を済ませましたが、受理&認定されればワールドレコードが確定します。
現在古株ランナー達がTR1のスピードランに取り組んでいて、なぜか今TR1が旬でアツいです(笑
そしてシークレットカテゴリのパイオニアになったのも束の間、怪物ランナーの”RadxxRyan”がこのゲームの準備を始めているので、私のWR維持は短命に終わるかもしれません(爆

TR1 GOLD シークレットラン Atlantean Stronghold

Posted by Tartan on   0 comments


このゲームはたった4つのレベルしかないことから気楽に始めたのですが、最初のレベルを開始して一年近く放置していたので、さすがに拙くなり続きをやり始めました。
そうするうちにこのレベルでもう四分の3を消化しています。

ここでは塔のあるエリアで縦に貫通している穴にさえ落ちてしまえば、いっきにゴールへと進めるわけですが、通常のルートと違いシークレットの場合は面倒な地下へ進入しなくてはなりません。
このレベルは完全攻略で既に経験済みですが、始める前は二番目のシークレットの場所を忘れていたので、前レベルに続き長丁場になるのを覚悟していましたが、しかし実際は前半エリアに集中していたので助かりました。

シークレットルートでのスピードランは前例がないだけに、何処にも参考となるビデオが無く模索しながらルートを決めています。
したがって最初はクリアするのに6分以上掛かっていましたが、足手まといにならないミュータントの処理を止め最低限の回復だけで済む事が分ってからは、余計なメディパックの回収を止めるようルートを変更したところ、イッキに5分台一桁まで短縮しました。
そして極力無駄な動きを無くす事で4分台に突入しました。

残すは最終レベルのみです。なんとか盆休み頃までに収録を終わらせたいものです。