Tartan's TR research institutes II

劇場版トレイラー

Posted by Tartan on   2 comments




一般向けに新生トゥームレイダーのイメージを定着させ、過去の二丁拳銃を持ったララの存在が薄れてゆく。。。

廉価版

Posted by Tartan on   0 comments

ご無沙汰しております。

やっとシャバへ戻って来ることが出来ました。
拘束されてた所ではズボンのベルトは強制的に外され、毎回名前でなく番号で呼ばれる始末・・・
というのは冗談で(笑、今年に入ってからは何かと忙しい日々が続いています。

今後も年度末までは当分ゲームに没頭する時間が取れそうもなく、ブログをはじめ動画をアップするのは更に困難です。
ただ、前からやり掛けているレジェンドは何度かの再インストールで挙動が正常に戻り、
後は収録するだけの状態になりました。 まとまった時間が出来次第、まずはこれを優先的に再開すると思います。

ネット関連ではユーチューブは良しとしてもブログを更新せずにひと月以上放置するとページに広告が表示されてしまい、
何とかしなければと気にかけていましたが、わざわざブログのためにネタを作ったりしても自分の首を絞めるだけで
長くは続かないためそのままにしてました。




さて、先日ヨ○バシに行くことがあって、確かバイオハザード HDリマスターがとっくに発売されているのを思い出し、
所用のついでに購入しようとゲームソフトコーナーを覗きましたがいくら探してもPS3版しか置いてありませんでした。
そして帰ったあとで調べるとPC版はダウンロードのみの販売だった(爆


TR2013_JPN1.png

そこで代わりに、トゥームレイダー2013の日本版が店頭に置いてあった為、思わず衝動買いしてしまいました。
このゲームオブザイヤーエディションは廉価版で、2013年4/25に販売された日本版にシングルプレイで関係するものは、
・サバイバルパック
・ララのコスチューム
・追加のシークレットゥーム
等のDLCコードが付属してるようです。

最初に販売されたオリジナルの日本版は、スクエア・エニックスのe-STORE専売品になり、
当時の価格は確か7980円で尚且つ店頭では購入できなかったために見送ってました。
そしてこの廉価版は去年の3/27に店頭でも発売されていたのは知っていたのですが、
これまで購入に踏み切ることはありませんでした。

Steamでの購入だとセール期間中でもなければ言語パックとDLCを合わせればパッケージ廉価版とさほど変わりなく、
手元にゲームデータでなく物理的なディスクが残るため私の場合は所有してるという満足感が沸きます。
HDDに保存したデータファイルだと消去したり忘れ去られたりとなる虞がありますが、
ゲームメディアだと何処かにしまっておいても何かの拍子で見つけると、
懐かしさのあまり再びプレーしてみたいという気が起きる可能性があるためです。
そのためパッケージ版の設定がある場合は極力そちらのほうを購入するようにしてます。


TR2013_JPN3.png

e-STORE専売のオリジナル日本語版は発売前に予約すると限定特典でアートブックが付いてきたはずですが、
私は日本語版が発売される以前にEU版サバイバルエディションを購入していたのでこれは既に持っていました。
実はサバイバルエディションを現在二つ持っていて、最初に販売された時に予約購入したあと、
ほとぼりが冷めた頃あいを見計らい値段がいっきに下がったタイミングで直接イギリスから追加購入してました。
そのため一つは未開封のままで実質アートブックも二冊あることになります。



TR2013_JPN4.pngTR2013_JPN5.png

このPC日本語廉価版は現在スクエニのe-STOREだと定価の4104円。アマゾンでは4800円前後で販売されてるようです。
しかしヨ○バシでは税込み3220円となってたので、Steamにて日本語パックだけに980円支払うより腹が立ちませんでした。

現在はまだ開封してないため確認してませんが、おそらく最初から日本語吹き替えになってるはずです。
いや、そうでなければ折角買った意味が無くなります(笑


未だにアンダーワールドも手付かずなのに、はたしてこの日本語版を遊ぶ日は来るのだろうか。。。(笑

TR9アップデート

Posted by Tartan on   0 comments

久々にトゥームレイダー2013のゲームバージョンが743から748へとアップデートが行われたようです。
Steam New fixes in 748.0

tr_748.jpg

そしてnvidia系のGeForceドライバも320.14のベータ版から320.18正式版がリリースされ安定してパフォーマンスアップが図れるようです。
experience_15.jpg
GeForce 320.18 WHQL Driver

私のPC環境では前回の320.14のベータ版を適用させるとゲーム以外の部分でPC動作が不安定になり314.22へと戻していましたが、正式版の320.18では安定しています。
ただし、これまでとは反対に今回の正式版ドライバではビデオカードをオーバークロックさせるとゲームがフリーズしてしまうので定格動作させています。 そのため以前のリザルトより伸び率が低下しています。


EU版トゥームレイダー2013が発売され自分の手元に届いてから各ゲームバージョンや新ビデオドライバのリリースの度にベンチマークを回してきましたが、現所有のビデオカードでは限界が見えたためベンチ回しは今回をもって最後とします。

TombRaider_TressFX_off.jpg TressFX無効以外はUltla設定。

TombRaider_TressFX_on.jpg TressFXオンのUltla設定。

TombRaider_TressFX.jpg シャドウ設定をUltlaからNomalへ、テッセレーション設定を無効。

TombRaider_optimize.jpg GeForce Experienceで指摘された設定を最適化した状態。

現在使っているモニタが23インチワイドであり、
GPUがこのゲームにはキツイGTX560Tiにてベンチマークを行ってきました。
そしてユーチューブで再生できるHD画質が1920x1080の事から将来的に動画投稿をと、
無茶でもこの解像度を保持しています。
もし自分だけプレイするなら最適化した設定で快適なのですが、
今後動画投稿をするとなれば各フィルタ効果を有効にして収録したいと考えています。
そのためにはハイエンドのGPUが必至となり、
Radeon系・GeForce系のどちらを選ぶにせよ最低5万は出費しないとなりませんね。
その際、FRAPSなどビデオキャプチャソフトを使うので、
ビデオメモリを多く積んだカードだと更に高くつきそうです。 トホホ。。。

GeForce Experience

Posted by Tartan on   0 comments

NVIDIAの最新ドライバがリリースされてないかとダウンロードページを訪れたら興味深いものがあった。
それは謳い文句を読むと次の事が記されていた。

あなたのゲームを自動的に最適化する

ゲームをプレイするのにベストな設定は?GeForce Experienceがそれを教えてくれます。GeForce Experienceは、CPU、GPUおよびディスプレイに基づいて、お持ちのPCに合わせた最適なゲーム設定を見つけるために、NVIDIAのクラウドデータセンターへ接続します。最適な設定は、十分な性能を維持しながら、画質を最大限まで高めてくれるので、最高の体験をお楽しみいただけます。内蔵のインタラクティブ・スクリーンショットビューアを使うと、各設定とその利点についてさらに詳しく知ることができます。

nVIDIAページ



トゥームレイダー2013においてNVIDIAのドライバが未だ熟成されてない為、これを試さなくてはと早速ダウンロードしてインストールしてみた。
GeForce_Experience.jpg

私が使っているビデオカードは、GeForce GTX560Ti OC なのでトゥームレイダー2013を快適に動かすには無理がある。
これまではUltra設定のままゲームをやり抜いたが、しょっちゅうカクカクしていた。
TressFX Hairを無効にしたり解像度を下げればそれなりに快適さは保っていられたのだが、細かい部分まで設定を煮詰めてるわけではなかったので、どの部分を弄ると快適になるのか興味があった。

このソフトにトゥームレイダー2013を認識させ、私のPC環境をスキャンさせると最適化させるための設定項目がいろいろ出てきた。
そして現在の設定状況と最適な設定が並んで分り易く表示される。
各項目で緑色に表示された部分が最適な状態となるわけだが、私のケースでは最適=妥協しろとなる。(笑
指摘された結果をみて今後にもしTR9の動画収録をするとなれば今のビデオカードでは幾らドライバが改善されても限界があるので、どのみち高性能なカードを購入しなければならないのは覚悟している。
その時は無難なNVIDIAか、TR9に特化したRadeonか悩みがまた一つ増えてしまった。


GeForce系ユーザーで、ただ単にゲームを今より快適に楽しみたい方は一度このソフトを試されてみては。。。

TR9 コンプリート達成(ネタバレ注意)

Posted by Tartan on   8 comments

TombRaider_completion.jpg
なんとか日本版が発売する前に難易度ノーマルでゲームクリアしました。
スクリーンショットを撮りながらゲーム進行し、オートセーブなのでキャプチャに失敗すればセーブデータからやり直しと、かなり重複して進めていたのでクリアに要した日は約二週間掛かりました。


TombRaider_unfinished_challenges.jpg
英語版だったのでゲームを始める前からストーリーを把握しきれないと踏んでいたため、私は最初からコンプリートさせる方向で進めました。その為、初回時には集められないアイテムを除きそのエリア内でコンプリートさせながら進んだのでベースキャンプでやり残しがあるエリアへは戻る必要がありませんでした。

しかしベースキャンプではララの全スキルアップは100%達成ですが、ゲーム中に武器のアップグレードは400サルベージ足りずに一つだけ100%になりませんでした。 結果的にはもう少しハンティングを積極的にやるべきだった。



グローバル実績 ← このゴミのような棒グラフのサムネイルはSteamでのトゥームレイダーグローバル実績。
(クリックで拡大しますが940x4086なので画質をかなり落としてアップしているので文字がぼやけています。)

私はSteam絡みのゲームは今回が初めてだったのでイマイチ理解していませんが、Steamではゲーム本編に連動して”実績”というものがドンドン追加されていくようです。因みにゲームクリアした時点で私の達成率は62%。
実績を100%にするためにはマルチプレーモードを除くと、デッドアイ・ローププル・カウンターアローだけは条件に足りなかったようです。
私は基本的にマルチプレーモードには興味が無いので、この先も100%にする事は不可能でしょうね。

ただ、DLCのコードを複数持っているのと、マルチプレーモードだけのエリアが存在するようなので、自分のプレイスキルが上がった頃であれば40歳以上の世代限定なら参加しても良いかなっと(笑


これまでTR9のゲーム内容に関し自粛してましたが、よく考えるとたぶん日本版を手にするまできっと未プレイの方はこのブログへ近づかないはずなので公開しますが、「続き」はクリア後に移動できる各ベースキャンプとそのキーアイテムリストになります。