Tartan's TR research institutes II

スポンサーサイト

Posted by Tartan on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンジス川 ジャンプ

Posted by Tartan on   0 comments

数年前より交流がある方から「あなたのウォークスルービデオを見たがプレステ版でも同じ操作が出来るか?」
といった内容のメッセージが届きました。
その方はプレステ版で未回復・ノーセーブのプレイをビデオに収めていて、これまでTR1・TR2を達成しています。
そして次はTR3だとおっしゃっていて、以前にも「TR3はかなり苦労するからやめたほうがよい」と私は忠告してたんですが、
やはり始めたいらしく、既に最初と二つ目のレベルを撮り終えたとのこと。
しかし現在はガンジス川で最初のシークレットへ向かうルートでつまづいてるようです。

当人としては私のビデオを参考にここは極力立ち止まらずにジャンプしながら川を渡っていきたいとの事ですが、
助走で失敗したり天井に頭をぶつけたりとノーセーブではなかなか成功しないらしいです。
そこで、もしかするとPC版のほうが操作的に楽なのでは?と疑問が湧いたんだと思います。

確かにPC版よりプレステ版のほうが過酷なのは間違いないですけどアクション自体はどちらも変わりません。
ならばそれを証明するためにプレステ版で自分のプレイを再現してあげようではないですか。(笑
と、いっても現在はプレステ2をPCに繋げる環境ではなくなっているため、
エミュレーターのePSXeを使ってTR3 International版を動かしています。
これならオリジナルの解像度640x480から1280x960へと変更できPC版と変わりなくプレイできるので、
まったく違和感は感じられません。
ただしプレイ中はPC版のようにガンマ値を変えられないので、PCモニタ上はプレステ版同様に暗いのでフレアを多用してます。

再現場面 PC版 川渡り



PS1 International

要所要所で立ち止まり位置の確認をしてるのは解説を兼ねてるため。
今回初めて自分のプレイをスロー再生してみましたが、こんなふうにララは動いてたんだと思いました。

スポンサーサイト

TR3英語版日本語吹き替え・・・化?

Posted by Tartan on   0 comments

久々のブログ更新ならびに動作検証です。


ここ最近、私に寄せられる感想や質問などは、内容から察するとたぶん若い世代であろうと思われる方からのが多くなっています。 
App StoreやSTEAMといったワードが普通に出てくるので、物理的なメディアを使ったゲームよりネット上からDL購入しているのが主流なんですね。
そして日本語に関することも度々あり、日本人が洋ゲーを堪能するなら英語のままが良いですが、
ストーリーを把握するにはやはり日本語のほうがしっくりする事でしょう。
しかしクラシックTRの場合は、App StoreだとTR1とTR2のみになり、STEAMでは日本語DLCパックすらありません。
私はDL版を持っていないのでそれらの検証は出来ませんが、
今回はどちらにも無いTR3をCD版で日本語吹き替え化させたいと思います。


ウインドウズ版のTR3は最初から日本語に吹き替えされているものだとゲームの難易度が下げ方向に変更されています。
オリジナル版と比べると、敵の強さが約半分になり戦闘場面では楽に倒せてしまいます。
これはTR2からTR5までのプレイステーション日本版にも言えることで、
そちらに馴染みのある方にとっては、ごく普通のことでしょう。
本来ウインドウズ日本語版の場合は海外版と同様の難易度が設定されていますが、
何故かTR3だけは易しくなっています。
巷では歴代最強の難易度を誇るのはTR3となっていて、TRを存分に味わうならやはりオリジナルの難易度でプレーするほうがクリアしたときの達成感が違います。


tr3-boxes2.jpg
左から日本語版・AIR版・本家UK版

日本版は開閉式のごくありふれた箱に対し、UK版に共通してるのはTR1-4までがひと回り小さい上下2ピースの箱。


tr3-boxes.jpg

携帯で撮ったためピンボケですが、左の二つは日本語版・英語版の文字が辛うじて判別できるはず。


そもそも日本語版と日本版の表現が混同し、ややこしいので整理したいと思います。
TR3が発売された時代、TR人気が最高潮だったこともあり日本にも EIDOS JPが設立されてました。
海外ゲームを扱うショップが独自のルートで調達する輸入版と違って、当時は正規日本版が存在していてそこで販売される日本版は2種類あり、説明書やインストールに関するメッセージが全て日本語で表示される日本語版と、
ゲーム自体は英語表現のままでパッケージや説明書だけが日本語編集されたAIR版が存在してました。
その後AIR版はTR4ラストレベレーションとTR5クロニクルがあったようですが、私はTR3とTR4しか見た事がありません。

AIR版のTR3は海外版と共通で日本人向けに味付けされていない本来の難易度で遊べます。
そしてUK版を所有するまで中身が同じものだと思ってましたが、ファイル単位で調べるとUS版のものも存在し、
分かり易いところでは実行ファイルのTomb3.exeがUS版そのものであり、ゲームを開始すると同じ不具合に遭遇します。

また、AIR版には有償で日本語版にアップグレードできるサービス券が付属してます。
しかし有効期限はとうの昔に切れており私は何処まで日本語版化されるのか知る術はありません。
PS版以外ではゲーム中のメニュー画面などは日本語に変換されず英語のままなので、難易度及びFMVやカットシーンのみが変更されるならアップグレードではなくダウングレードだと思ってしまいます(笑

そこで難易度はオリジナルを保ちつつ吹き替え部分だけを日本語化させたいと思います。

興味のある方は>>続きからどうぞ!

疑惑?

Posted by Tartan on   2 comments

ご無沙汰しております。




リアルの生活でも忙しいせいか先月あたりからずっとゲームから遠ざかっており、ブログを元としユーチューブのほうも更新を滞っています。



今年初めにクリスマス動画収録を終えて、セーブデータならびにアップロードした動画ファイルを何時ものように外付けのHDDへと保存したのは良かったのですが、そのHDDから『カツンカツン』とヘッドがストッパーに当たっている症状が出る様になりました。

昨年の夏頃から半年以上24時間ずっと電源を入れっぱなしにしてたのが良くなかったのか、二月頭ころより異音が出始めPCの起動でUSBにて繋いだHDDが認識しない事が度々起こります。
USB外付けケースから取り外し、直接SATAケーブルでマザーボードに繋ぐと、BIOSに替わるUEFI上では認識するもののウインドウズ上だとローカルディスクとして表示されることは偶にです。

このHDDはOSがまだXPだった頃から使っていたので、パーティションテーブルも現在のようにGPTではなく従来のMBRでNTFSフォーマットしてあり、このMBR(マスターブートレコード)が壊れかけているように思えます。

もともとはPCのブートドライブ用に購入したもので、シングルプラッタで発熱の少なく読み書きの早い製品でしたが、24時間稼働させることを想定したサーバーやNAS向けの製品でなかったために故障発生を早めたのかもしれません。

これまで収録した全ての動画ファイルやセーブデータ、そしてブログに使用している画像ファイルは数百ギガバイトあり、TRデータは外付けHDDの中にしか存在していなく、万が一このHDDが完全に認識しなくなればTartanとしてのデータが全て吹っ飛びます。(笑
かといって、HDD専門業者に復旧を依頼するほどの貴重なデータが収まっているわけではないため、自分で取り出し作業を地道にしています。

現在、認識に成功したときに少しずつ別のHDDへとデータ移動を始めていて、もう少しでなんとか引越しが終わりそうです。





さて、そんなわけで更新を滞っている状態ですが、ユーチューブでのチャンネル登録者数がいつの間にか800人になってました。

そしてこのブログでしつこいくらい何度も紹介しているTR3のエリア51ですが、私のプレイに関して興味のある方が多くなれば当然私が実践している趣旨が理解されないのも無理はありません。
ここの場面は有名処の攻略サイトでも曖昧な表現でしか解説されていないため、またしても最初のシークレットに関し編集で捏造したと疑惑を持たれました。(笑

二つあるエリア51の完全攻略動画ではノンストップで裏手に廻り警備員に見つかっていない状態でシークレットに向っていますが、この際のタイミングが出来すぎている様です。
そのTR3収録をしていたときは、レベルの途中でセーブするのはBGMが途切れたり妙な間が出来てしまい不自然なため嫌っていて、流し撮りの一発収録なのでもちろん警備員に見つかってしまう失敗テイクも多々ありました。
その度に最初から撮り直してたので、公開した動画はタイミングがバッチリなのは当然です(爆


では安全にシークレットへ向ったらどのような状態になるのか収録してみました。



きっとシークレットの穴に留まり続けてると大変な目に遭うことをお見せ出来たことでしょう(爆

検証依頼

Posted by Tartan on   1 comments

ブログでの仕事だ!(爆)  いや、久々の検証依頼が入りました。

クライアントとなる方は普段ユーチューブやニコニコ動画でトゥームレイダーのプレイ動画をよく見るそうで、ニコニコ動画で最近の楽しみだったプレステ版TR3の縛りプレイをしている投稿者の方が、ハイセキュリティ・エリアを最後にひと月ほどパッタリと更新しなくなったらしく、はたして投稿者自身の都合なのか縛りプレイが難航しているのか分らないそうです。
もし理由が前者ならば投稿者本人に更新を催促するわけにもいかず、後者の場合だったなら自分で試すほどスキルが無いため、つい最近PC版でエリア51完全攻略をやり直した私へ依頼が来ました。

私の場合コメントでの指摘からエリア51での敵総数は31に訂正。更に2人の味方射殺と7つのセンサーガンを破壊して総合処理数は40なのが判明。
この40をカウントさせ、なおかつプレステ版でも未回復のまま完全クリア出来るのかが知りたいそうです。。。


ニコ動は以前オカマの方が投稿されていた頃はよく見ていたのですが、それ以降は見る機会がだんだん減っていき今はサッパリ。 現在どんな方がどんな動画をアップしているのか分らぬまま教えられた動画アドレスを頼りに久々ニコ動へアクセスすると、更新を絶っているという投稿者の方はプレステ版TR3のディスク2(インターナショナル版)で完全攻略を行なっていてレベル内ノーセーブを貫いてるようでした。

ニコ動アカウントが無くても見れるようにNICOZONサイトで紹介。
投稿者さまのハイセキュリティ・エリア前半動画

この方は動画の編集も凝っていて、本来TR3ではアイテムを拾っても何だか分らない所を分り易く独自にアイコン表示させ、ララがTR2で発していた「アハン」も追加してるなんて。。。視聴者を飽きさせない工夫もGoodでした。


ここで、プレステ版TR3の経験が無い方のために・・・
プレステ版のTR3は、スクエニ合併以前のエニックスより二枚組ディスクで販売され、ディスク1が完全日本語版になり敵の強さが約半分(PC日本語版を含む)で、マップも部屋やアイテムが発見し易いように変更され難易度が低くなった仕様です。
そしてPC版同様クリスタルで体力回復でき、セーブも自分の好きなタイミングで何度でも可能です。

しかしディスク2(インターナショナル版)は、PC&PSの海外版同様に地形と難易度が同じとなります。
そしてクリスタルの効果は取得した数だけセーブできる様に変更され、体力回復はメディパックのみです。
また、TR3のプレステ版すべてに言えることですが、明るさの調整が出来ず全体的に暗いのでPC版より見辛く難易度が高いと言えます。
他には、北米版同様に日本はNTSC方式を採用しているので29.97FPSですが、このインターナショナル版を含めた日本版はボタン入力してもしゃがみ動作後から四つん這いに移るまでに約一秒の間があり、スピードランには向かない日本版独自の仕様です。

ps_tr3_jp_disc2.jpg


では、本題の未回復クリアは可能なのか? は、続きからどうぞ!

またしても・・・

Posted by Tartan on   4 comments

TR2のHome Sweet Homeに続き、またしても完全攻略での指摘を受けました。
それはTR3のArea51。

内容を忘れた方のために解説すると・・・
このレベルは最初のシークレットへ向かいつつ攻略する場合、通常は警備員に気付かれシークレットの扉が閉まるスイッチを押されないようにサッサと瞬殺するため、スイッチを押された場合に出現する2匹の犬が処理出来ないので、殆んどの攻略サイトでは最大処理数が28となっています。
しかし警備員に見つからないよう死角を利用して行動をとれば、先にシークレットのカウントをさせつつ犬も出現させる事が可能でした。
そのためこのレベルでは最大処理数が30ということになり、一番詳しい攻略サイトでも同じ30となっていたため私は安心しきっていました。
しかし、他の場面でも敵の動きをコントロールすることで新たに敵が出現する場所があった事を知らされました。
それによって処理数は最高で31。

それはUFOがある部屋を回避した奥の部屋で、二階部分にある2つの時限スイッチを押して二重の扉を開き、5つ並んだスイッチがある部屋へと通ずるフロアです。
ここは侵入すると直ぐに警備員に見つかりスイッチを押されれば部屋中にレーザーを張られますが、侵入と同時に瞬殺すれば後はレーザーガンのみになります。
しかし警備員を泳がせわざとスイッチを押させることでもう一人のスナイパーが配置されます。
これにより弾の消費量が増えレーザーを回避しなければならず難易度が少し増します。
よってメディパック未使用で乗り切るにはかなり過酷になりました。




終えてみて、このレベルには3箇所の敵追加トリガーがあります。
警備員に対し執拗な攻撃や強力な武器での瞬殺だと応援を頼む前に死ぬため追加される応援部隊の存在は分りません。

完全攻略と謳っている以上、見逃しがあったなら動画を取り直さなければなりません。(笑
せっかくレジェンドの操作に慣れだしたところだったのが、また逆戻りです。
Area51は武器を4種類使い分けながら進めていたので、身体をTR3モードに切り替え何とか終了にこじ付けました。
今回は処理数の訂正が目的なので、何時もならほぼノーミスでクリアするまで録り直してましたが今回は止めました。

是非ワイドスクリーンパッチを使ったTR3をご堪能ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。