Tartan's TR research institutes II

外付けHDDケース

Posted by Tartan on   3 comments

先日 NASのハードディスクの入れ替えを紹介したが、
ところで取り外した0S03663はどうするかというと、別に故障したわけでもエラーセクタが増えたわけでもないので
24時間運用のNAS HDDとしては現役を退く形になっても、まだまだ別の用途で活躍してもらうことになる。
そこで余った4台のうち2台は外付けHDDケースに入れバックアップ用に使用することにした。
そのため6TB HDDを購入する際に同時に外付けHDDケースも購入。

条件としては、
・2台搭載できる
・6TB HDD認識可能
・USB 3.0 接続
・冗長性 つまりRAIDが組める
・冷却ファン搭載
など条件を満たした製品では選択肢が限られ、そのなかで7千円弱と安かったMARSHAL RAID TOWER 2 に決めた。

RAID_TOWER2.jpg
内容物:
HDDケース本体
ACアダプタ
USB3.0ケーブル
2.5HDD固定用ネジ&+ドライバー
説明書



RAID_TOWER2_3.jpg
本体背面
左から
リセットスイッチ
RAIDモード切替用ディップスイッチ
USB3.0端子
ケースファン強弱スイッチ(4段階)
DC12V電源入力端子



RAID_TOWER2_4.jpg
HDDトレー 素材は金属ではなくABS樹脂の安っぽい作り。
3.5インチHDDを取り付ける場合はHDD側面のネジ穴にバネ状の凸部が嵌まるようになっていて
工具も必要なく固定できる。
しかし2.5インチHDDの場合は付属のネジで固定するようになっていた。
正面の窪みをつまむとロックが解除されケースからHDDが引き出せる構造。



RAID_TOWER2_2.jpg
本来なら分解すると保証対象外だが、初期不良の動作確認後に天板を外し内部を確認してみる。
2台分のSATA3コネクタを実装したライザーボードを介しメインの基盤に刺さっている。
上方から見るとケース背面からライザーボード取りつけステーまでは約35mmあり
付属のファンに不満があればもっと厚いファンに交換することも可能のようだ。
しかし直ぐ下にRAIDチップがあるため同時にチップの冷却も考慮すると20mmが限界かも。



JMS561.jpg
天板を外した状態では採用されてるRAIDチップが何なのか確認できなかったため
邪魔な冷却ファン及びライザーボードを外して基盤まで到達。
そして固定されたメイン基盤を持ち上げ、傾けることでやっとチップに印刷された小さな文字を読み取ることができた。
JMicron製JMS561 USB3.0 to Dual SATA GenIII Ports Bridge Chipが使われていた。
メイン基盤上に温度センサーの類が見当らなく、また、HDDのS.M.R.T.情報を読み取ることが出来ない様なので
常時HDDの温度を知ることが不可能で必然的にケースファンを強めで回すことになる。
同梱された説明書にもHDDの損傷を防ぐため最大回転数で回すことを推奨すると記載していた。
他メーカーのモノには自動制御可能なHDDケースもあることから、これは改善に期待する。



RAID_TOWER2_5.jpg
RUNDA製? そんなメーカー私は知らない(笑)
ネットでググるとどうやら中華ファンメーカーのようで、70mm x15mmDCファンが搭載されていた。
このファン自体の最大回転数や風量などスペックは不明だが、おそらく3000rpm前後だと思われ、
HDDケース背面のスイッチで4段目の最高に設定するとそれなりに五月蝿い。
また、温度センサーに対応しておらず配線は2本のみ。
したがってケース内部やHDDの温度が上昇してくると自動的に回転数を変更してくれないため
ソレを見越して事前に設定しておかなければならない。



NAS HDD総入れ替え その2

Posted by Tartan on   0 comments

前回の続き・・・

まずは現状のパフォーマンスを知るためにNASをネットワークドライブ経由で計測。
こちらもCrystalDiskMark 3 と5を併用してみた。

HDN724030ALE640_x4_RAID10_1000MB.png
Ver. 3.0.4 1000MB


HDN724030ALE640_x4_RAID10_4000MB.png
Ver. 3.0.4 4000MB



HDN724030ALE640_x4_RAID10_1GiB.png
Ver. 5.1.2 1GiB


HDN724030ALE640_x4_RAID10_4GiB.png
Ver. 5.1.2 4GiB



NAS_host.png

最初の1台を交換した際にNAS上で読み込みを計測したところ、
0S03842は0S03663と比べ30MB/sほどスピードが上がっていた。



RAID.png

4台のHDDを使ってRAID 10にて冗長化してる場合は、当然1台ずつ交換する羽目になる。
その際NASの継続利用に支障はないが、再構築中はパフォーマンスが明らかに落ちる。
今回3テラバイトHDDから6テラバイトHDDへ交換したのだが、新規のHDDを再構築するのに約14時間掛かった。
普通は通常利用にて、もし1台のHDDがクラッシュした場合などはここで復帰作業は全工程終了となる。
しかし容量拡張目的だと全HDD交換なので、当然それを4回繰り返さなければならない。
そして交換前と同じ状態になったところで初めてデータ領域の拡張作業に入ることが出来る。
そのため更にまたそのぶんの時間が必要。 結局総入れ替えまでに3日を要した。

拡張完了とともにWindows 7上からNASで用意されたアプリでアクセスすると何も問題なくても、
ローカルエリアのワークグループやネットワークドライブ経由だと認識に時間が掛かったりフリーズするようになった。
幾らNAS上でネットワークの設定を見直しても改善されず、このままではラチが明かないため
思い切ってHDDを初期化して初めからやり直した結果、今度は4台同時に構築するぶん要した時間は若干短かった。
となると、事前にシステムデータや保存したファイルなどバックアップしてあれば、
総入れ替えの場合に限っては新規構築後に復元させるほうが早いことになる。
しかしその方法はNASを運用できるまでの間、一切利用することができないため個人利用者NASに限るだろう。


《 HGST 0S03842 6TB x4 RAID10 》

HDN726060ALE610_x4_RAID10_1GiB.png
Ver. 5.1.2 1GiB



HDN726060ALE610_x4_RAID10_4GiB.png
Ver. 5.1.2 4GiB

4台のHDDをスコアが良かった6TBに変更してもネットワークドライブ経由では殆んど期待するような変化がなかった。
NAS内部ではHDD交換前と比べ読み込みスピードが30~40MB/s上昇してるのに対し、
ネットワーク経由だと変化がないということは使用してるNASのCPU処理能力やネットワークアダプタの限界なのかも。

元々の目的がNASデータ容量の拡張だったので、目標は達成したわけだが。。。11万を投資したわりには...(笑

NAS HDD総入れ替え

Posted by Tartan on   0 comments

自宅にNASを導入してから2年半が経とうとしている。
購入したHDDのメーカー保証期間は3年なので残り半年となったのと、容量的にデータが埋まりつつあるため
拡張することにしたのだが。。。


0S03663_Q.jpg
最初にNASキットに組んだときのHDDは、HGST 0S03663 3TB 過去記事参照
それをミラーリング&ストライピングのRAID10で運用。
3TB x4 のHDDでもRAID10にて冗長性を持たせてもデータ保存可能なストレージ領域は5.44TB。
収めたデータが5TBほどに膨れ上がった中で、余計なファイルや複数台あるPCのOS復元用バックアップデータなど削除し
埋まりつつある保存領域をダイエットさせたところ約半分まで整理できた。
となると、当面の間はこのままでも大丈夫だが、いつかはまた同じ問題に直面する。
それならばと金銭面で余裕がある今のうちに全HDDを入れ替えてしまおうということになった。


進化

Posted by Tartan on   0 comments




TRLE 完全攻略 ZIPANGU - The Great Mountain

Posted by Tartan on   0 comments



ZIPANGU第七レベル The Great Mountain